1. トップ
  2. ファッション
  3. 今チェックしておきたいイス20選。個性的なアイテムがお部屋の顔に☆

今チェックしておきたいイス20選。個性的なアイテムがお部屋の顔に☆

  • 2017.5.26
  • 1936 views

イスは様々な種類があり、実用性もさることながら、おしゃれな空間作りには欠かせないアイテムです。今回はそのデザインや素材、配色等、個性的なイスをピックアップ。楽しい空間作りの顔として、まずは“イス”、チョイスしてみませんか。

個性的なデザインのイス、オシャレ空間の顔に

クールでモダンな印象が新しいデザイン。脚の部分に現れた木目が、テーブルや床とマッチして、木のぬくもりも感じさせます。デザインが斬新でも、こういったナチュラルさを表現したパーツとの組み合わせでどんな空間でも使いやすくなる、そんなアイテムです。 

細いアイアンのボディで構成されていて、モダン。その分全体を占める座面、背もたれ部分のカラーリングがどんな空間でも印象的に映えそうです。作り自体は無機質なテイストですが、ビビットなカラーを加えることで、センスの良いポップ感が表れています。 

メキシコ生まれのアカプルコチェア。解放感溢れるデザインなので、屋外のインテリアとしても活躍しそう。座面の材質も柔軟性が高く、また角度もゆったりとした作り。のんびりした時間を過ごせそうです。

モダンでインダストリアル感漂うワイアーチェア。マットなグレーとそれを包むように構成されたブラックのワイアー部分とのコンビネーションがとてもクールでセンシティブです。オフィス等のオンな空間でも、トゥーマッチにならないアイテムとして使えそうです。 

パンチングされた背もたれと台座のボディが無機質さを演出。ベースのメタリックな作りも安定感のある印象に。屋内外問わず、さりげなくおしゃれな空間を演出するアイテムとして使えるのはやはり、シンプル且つ洗練されたデザインの強みだといえます。 

イエローカラーが目を引く、北欧風のデザインが、ウッドな空間をポップに演出しています。実用的に使ってもいいし、インテリアとして配置しても、その空間を明るくさせてくれます。観葉植物のグリーンとの相性もとても良いですね。 

レンガ作りの空間に、ビンテージな風合いのソファと共に配置。ボディの木の部分は、使えば使うほど味が出て、オリジナル感を演出できそう。座面、背もたれ部分はやわらかな色使いからか優しい印象も。同じ素材だけに、木製テーブルとの相性もしっくりきています。 

レザーの光沢とやわらかな木目調のバランスがスタイリッシュな木製のレザーチェア。革と木の特徴をバランスよく表現しています。背もたれや脚部分の木の曲線がとてもきれいです。 

落ち着いたダークグリーンがアンティークな空間に相性良くマッチしています。デザインはインダストリアルな印象で、存在感がとてもあります。無機質なデザインの中にも、配色によって印象が変わります。ダークなグリーンなので、全体のアイテムが明るく感じます。 

味のあるスツールが、他のヴィンテージ系アイテムと並び、インダストリアル感溢れる空間を更におしゃれに演出。丸い座面やスツールの特徴等からも、屋内外問わずどんなシーンでも使いやすく、更にヴィンテージ感を漂わせるアイテムとして、おしゃれな空間作りに一役買ってくれそうです。 

懐かしくそして可愛らしい、デンマークのスクールチェア。ホワイトに塗装されたアイアンフレームがとても印象的です。インテリアとして使ってもポップなアクセントになりますね。 

ヨーロッパの風情を感じさせるアンティークチェア。座面のレッド系カラーが差し色となって、アクセントに。ボディ全体がダークなブラウンなので高級感を漂わせています。アンティーク系アイテムは風情と存在感がとてもあるので、その空間に一点置くだけでもクラシックな雰囲気が出せます。 

高級感溢れる、ビンテージチェア。背もたれ&座面のクッションがビビッドなレッド系カラーでインパクト大。また、脚の丸い作りや、笠木部分の彫刻等、随所が凝っていて、芸術的です。一点配置するだけで、その空間が一変しそうな存在感です。 

レザー&ウッドで構成された重厚感のあるチェアが、落ち着いた雰囲気を演出。何気なく二つ並んでいても、テーブルとの相性もマッチし、趣のある空間に。新品には出せない味がかっこよく表現されています。

白いウッドの壁とライトが配置された空間にレッド系カラーのチェアがビビットに共存。落ち着いたナチュラルテイストな空間にポップな明るさを与えています。壁や床の木の規則的な構成とは対照的に、ウッドフレームのゆるやかな曲線がコントラストとなっていて面白いです。 

ナチュラルな空間作りにはとっても活躍しそうな一品。その素材感が全体のグリーンやウッドフロアとしっくり馴染んでいます。ラタンを結んだような作りが、アジアンテイストや、リゾート感を演出。開放的な気分にさせてくれます。 

蓮の花を連想させるアジアンテイストなイスのラインナップ。座面も彩り豊かに空間を演出しています。アジアンファニチャーの特徴でもある、濃いカラーの木材が、ゆったりと落ち着いた印象を与えています。 

丸いフォルムが印象的なラウンジチェア。素材がとても涼しげでリゾート風情のあるゆったりとした空間を演出。こうしたウッドデッキ等、開放的なエクステリアの空間にはしっかりハマります。 

クールなフォルムのラタンチェア。ボディはスタイリッシュですが、籐が編みこまれていることで、温かみがでています。そんな対照的なアプローチがモダンでかっこいいです。 

アイアンフレームのインダストリアル感、そこに木とラタンのナチュラルさが融合しています。両方それぞれのテイストを取り入れ、オリジナリティ溢れる作品に。直線と曲線を組み合わせたデザインが、モダンな印象を表現しています。使うほどに味が出て、より個性的に。 

まとめ

いかがでしたでしょうか。空間をさりげなくおしゃれに演出するものから、存在感が光る一点まで、デザインや用途もさまざまあります。イスを使った空間作り、種類や素材、デザインも豊富なので、自分にピッタリの一点をみつけるヒントになったら幸いです。