1. トップ
  2. レシピ
  3. ジュースクレンズで暴飲暴食をリセット! 美肌をつくるコールドプレスジュースとは

ジュースクレンズで暴飲暴食をリセット! 美肌をつくるコールドプレスジュースとは

  • 2014.12.19
  • 718 views

ジュースクレンズで暴飲暴食をリセット! 美肌をつくるコールドプレスジュースとは

1年でいちばんお誘いごとが多い年末年始は、肌も体もだんだんお疲れモードに。「ボディラインが…」「メイクのノリが…」と、不調を感じている人も多いのでは? そんなときは、栄養価と酵素がたっぷりのコールドプレスジュースがおすすめ。内蔵を休めながらデトックスやダイエットもできる“ジュースクレンズ”で、体と心をリセットしましょう。

●ガンの治療法にも使われる「ジュースクレンズ」

「ジュースクレンズ」とは、野菜や果物、ナッツから抽出した100%フレッシュジュース(生ジュース)を食事の代わりに飲み、体内を“クレンズ(=洗浄)”する健康・美容法。手軽かつ無理なくできるファスティング(プチ断食)法として、健康意識の高いNY在住のセレブやモデルから火がつきました。

とはいえこれは一過性のブームではなく、アメリカでは古くからガンの治療法(ゲルソン療法など)として利用されているもの。

食事の代わりに栄養素と酵素がたっぷり含まれたジュースを飲み、臓器を休ませることで白血球が活性化。体に溜まった老廃物や有害物質の排出を促して、アレルギーや免疫力の向上に働きかけます。

私たちが普段とっている食事は消化吸収に3~4時間かかると言われ、さらに消化のために約40%のエネルギーが使われています。良質のジュースをとる目的は、消化に使われるエネルギーを減らしつつ、栄養素はきちんと補給することで、体の再生力回復を図ることなのです。

肌の調子が良くなる、便秘が解消する、疲れにくくなるなど、体の変化を早く感じられることも特徴。内臓脂肪の減少にもとても効果的です。体力が落ちることなく短期間で結果を出せるからこそ、モデルたちに定番の“緊急ダイエット法”と言われているのです。

●コールドプレスジュースの栄養価は普通のジュースの約2倍!

そんなジュースクレンズに欠かせないのが、「コールドプレスジュース」。野菜や果物を「低温圧縮方式」でしぼった100%フレッシュジュースで、保存料などを使わないのは当然のこと、水も一切加えません。混じりっけなしの“抽出液”です。

コールドプレスジュースは、1分間に75~160回転という低速回転の専用ジューサー(コールドプレスジューサー)で作ります。驚くほどしぼりかすが少なく、一般的な遠心分離型ジューサーのほぼ2倍の果汁を搾汁できます。30度以下の低温でしぼるので、熱に弱いビタミンや酵素が壊れることもありません。通常のジューサーでしぼるよりも栄養価が1.5~2倍高く、酸化・劣化に強いため、酵素が2~3日維持されるとも言われています。

一方、普通のジュースは、しぼるときに空気が大量に入って酸化したり、高速回転するジューサーの熱で栄養素や酵素が破壊されてしまいます。

このため、市販の野菜ジュースやフルーツジュースを飲んでも、ジュースクレンズにはなりません。「100%」とうたっていても濃縮還元だったり、安全性を保つために熱処理が施されているものが大半で、高い栄養価と酵素を保つコールドプレスジュースとは、鮮度もパワーも別物なのです。

●気になるジュースクレンズのやり方は…?

都内ではコールドプレスジュース専門店が続々オープンしていますが、1杯約1000円という値段に驚く人も多いかもしれませんね。

しかし、新鮮な野菜や果物1~1.5kgから作れるジュースはわずか400mlほど。自分で材料を買ってもそこそこの値段がかかることを考えれば、驚くほど高くはないと言えるでしょう。また、1日に必要な野菜は350gと言われますが、それさえ毎日食べ続けるのは難しいボリュームです。それ以上の量をジュース1杯でとれると考えれば、かなり効率的ですね。

おすすめは、数種類の野菜と果物を使ったブレンドジュース。いろいろな栄養素や酵素をまとめてとることができます。なかでも最近の注目は、ビーツ。“食べる輸血”と言われるほどリン、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、カリウムが豊富で、ビタミンA、C、ビオチン、食物繊維も含まれています。整腸作用に便秘解消、貧血予防と女性にはうれしい効果ばかり。暴飲暴食が続いたあとに欠かせない、肝臓のデトックス効果もしっかり狙えます。

ジュースクレンズの方法はいくつかあり、トライしやすいのは1食をコールドプレスジュースに置き換える方法。栄養価が高く、美容に良いランチ1回分と考えれば、抵抗なく買えそうです。

より理想的なプランは、1日のプチ断食。3食すべてをコールドプレスジュース1.5~2Lとミネラルウォーター2L以上に置き換えます。その間、固形物やカフェイン、アルコールはNG。水(ノンカフェインのハーブティはOK)はデトックス効果を高めるので多めにとります。

ハードな運動ではなく、ウォーキングやリラックス系のストレッチやヨガを取り入れるとベター。より効果を求めるなら3日間以上の長期プランもありますが、体に負荷がかかるので、専門店などで相談しながら行いましょう。

最初はちょっとお腹が空いたり、つらく感じるかもしれませんが、内蔵機能の回復、美肌づくりには効果大。続けるほどに疲れがとれて、体が軽く感じられるようになったという声も多いです。ただし、万一、体調が優れない場合はすぐに中止し、医師に相談してください。

もし継続したい(できそう)と思う人は、コールドプレスジューサーを買ってもいいでしょう。ジューサー選びのポイントは、以下の3つです。

(1)低速:スクリューがゆっくりと低速で回転する

(2)圧縮式:高速分離ではなく、石臼のようにすりつぶす

(3)分解排出方式:しぼりかすを簡単に掃除できる

まずは年末年始のデトックスに、専門ショップで1杯試してみてはいかがでしょう。

<文:ビューティジャーナリスト水野みすゞ>

元記事を読む