1. トップ
  2. メイク
  3. 美人になれる「眉毛の形」はコレ!整える方法と正しい位置を完全マスター

美人になれる「眉毛の形」はコレ!整える方法と正しい位置を完全マスター

  • 2014.12.18
  • 2136 views

眉毛の形を変えるだけで美人顔!

ほんの少し眉に手を加えるだけで、顔の印象が劇的に変わります!自分では上手に描けているつもりでも、少し位置が違っていたり、長さや太さが足りないだけでなんだかバランスの悪い顔に。そこで今回は、正しい眉の位置と、美しく自然な仕上がりの「モテ眉の作り方」セミナー。初心者でも簡単にできる方法をヘアメイクのプロが紹介。

「眉は顔の額縁」と言われています。眉が正しい位置に存在していれば、全体のバランスが美しく整い、ぐっと美人に見えるんです!

では、さっそく美しい眉を手に入れましょう。セミナー講師は、ヘアメイクアップアーティストの新井紗耶香先生です。

■「眉の黄金比」を知ろう!

眉の形は、それぞれに異なるもの。したがって、自分の眉を正しく知ることが大切。

眉には、美しく見える「黄金比」があります。まずは、自分の眉で確認!「眉頭から眉尻まで」の長さと「眉山の位置」をチェックしてみて。

A. 眉頭…小鼻と目頭の延長線上に。

B. 眉尻…小鼻と目尻の延長線上に。

C. 眉山…目頭から2/3の位置に。黒目の外側から目尻までの間に収まるようにする。

■「アイテムの複数使い」が基本!

「ペンシル」「パウダー」「リキッド」「眉マスカラ」などなど、眉メイクには複数のアイテムがありますよね。でもいずれかワンアイテムだけで仕上げていては、ダメなのだとか!

「それぞれに用途や質感が異なるため、必ず複数のアイテムを使用しましょう」と新井先生。

例えば、パウダーとペンシル。併用することで、眉に自然な立体感が生まれます。いろいろと試しながら、自分の眉に合うアイテムを見つけて。

■基本の描き方

1.眉山と眉尻の位置を決める

描く前に、仕上がりをイメージしておきましょう。まずは先ほどの「黄金比」に基づいて、眉尻(B)と眉山(C)の位置を決めます。「ペンシル」で正しい位置に「点」をつけておくとよいでしょう。眉のカットはまだですよ!

2.眉下の輪郭を埋める

位置が決まったら、早速描き始めます!「パウダー」で、眉の中間から眉下の輪郭を、毛流れに沿って埋めていきます。3色パウダーの場合は中間の色を、2色パウダーは両方を混ぜて使用します。

3.眉山~眉尻を描く

次に、眉山から眉尻をつなぐように描きます。眉尻までが長すぎると、老けた印象を与えるので要注意!中間色と濃い色を使用します。

4.眉頭~中心を描く

続いて眉頭から中心に向かって、徐々に色を足していきます。

5.ペンシルで描き足す

全体にパウダーが乗ったら、次に「ペンシル」を使います。1本ずつ毛を描き足すイメージで。薄い箇所を中心に色を加えて、均一に整えます。

眉頭…下から上に、毛の流れを意識しながら「縦」に描き、立体感を出します。

眉尻…消えやすいので、最後にしっかりと描き足しておきましょう。

■不要な毛をカット!

ここまで描けたら次はカットです!自眉の長さや形を整えてゆきます。

まずは長い毛を「眉バサミ」でカットして、全体の長さを揃えます。眉の上と眉間の産毛は、「シェーバー」でやさしく剃りましょう。また眉の下は、「毛抜き」で処理を。アイホールがはっきりして、ぐっと垢抜けます。

■最終チェック

仕上げに、「パウダーブラシ」で眉頭から眉尻をなぞるように整えます。特に眉頭は、鼻筋に繋がるように骨格を意識しながら、ブラシを滑らせて。顔全体に統一感が生まれます。

「整え方のコツ」「モテ眉の心得」と、参加者のビフォーアフター写真はコチラ!

最後に、「ペンシル付属のブラシ(スクリューブラシ)」で馴染ませたら、完成です!

新井沙耶香

◇プロフィール

ヘアメイクアップアーティスト

ヘアメイクアップアーティスト。テレビCMや女性誌、雑誌などのあらゆる第一線のメディアで活躍中。 巻き髪や眉メイクレッスンなども大好評。 シンデレラプランニングのヘアメイクキャスト講師。 【ヘアメイク実績】 雑誌 B.L.T(東京ニュース通信社)、ヤングチャンピオン(秋田書店)、anエリア(intelligence)、crossbike best guide(コスミック出版)、月刊エレクトーン(ヤマハ ミュージックメディア)、モトチャンプ(三栄書房)、キャストサイズ(三才ムック) 広告 イオンリテール株式会社「イオンリカ―」 ・GODVISIONS 「GOTTO3」・株式会社第一興商「YOUR STORY 制服を着た小悪魔」

オリジナルサイトで読む