1. トップ
  2. ネイル
  3. クリスマスツリーをイメージした簡単ネイル

クリスマスツリーをイメージした簡単ネイル

  • 2014.12.18
  • 441 views

クリスマスのイメージカラーで絶対的に必要なのは赤色です。やはりクリスマス=サンタクロースと考えるのは子供だけではなく、大人も同じなのでサンタさんの赤色は必要不可欠なクリスマス色と言えるでしょう。

“赤色”からはじまるクリスマスネイル

【イットネイル】クリスマスのイメージカラーで絶対的に必要なのは赤色です。

それにプラスすることで、白色や緑色、黄色もそれらしいクリスマスカラーとなっていきます。

やはりクリスマス=サンタクロースと考えるのは子供だけではなく、大人も同じなのでサンタさんの赤色は必要不可欠なクリスマス色と言えるでしょう。

とりあえず赤色を使っていれば、クリスマスネイルっぽくなります。

しかしそれだけでは物足りない!

そんな時は、普段はあまり使うことのできない緑色を使ってみてはどうでしょう?

洋服やかばん、ファッション小物には使える色ですが、ネイルで使うには少し勇気のいる色です。

今まで緑色をネイルに取り入れたことがないという人も、クリスマスならば奇抜なイメージなく気軽に取り入れることができます。

赤色×緑色で、クリスマスツリーのイメージバッチリです。

サンタさんやトナカイ等のアートを施していなくても、キャンドルや星型のシールを使っていなくても、赤色×緑色であっという間にクリスマスツリーが完成してしまうのですから、とっても簡単だと言えませんか?

手間なく、それでいて工夫あるクリスマスネイルなら、これで決まり☆

あくまでもクリスマスのイメージカラーは赤が主体なので、赤色をより多く使いましょう。

緑色を主体にしてしまうとクリスマスのイメージが薄れてしまい、奇抜ネイルになりかねません。

グリーン系は差し色として、二番手に持ってくる方が自然なクリスマスネイルとなります。

単色で、もう少し手を加えたいならば、ラメを乗せてみてはどうでしょう。

まるでクリスマスツリーがきらきら光っているみたい?雰囲気あるデザインとなります。

このデザインのネイルならば、サンタさんがいたりトナカイがいたり、はっきりとしたクリスマスの主張がありません。

ですので、クリスマスシーズンが終わってもすぐに取る必要がなく、慌しさがありません。

せっかくネイルサロンでお金を出して、時間をかけて施術してもらうのですから、すぐに取ってしまうのはもったいないですよね。

そんな意味合いからもおすすめのデザインとなります。

Itnail編集部

元記事を読む