1. トップ
  2. メイク
  3. KATE(ケイト)の歴代アイシャドウが集結! 「ベストアイシャドウセレクション」をまるっとご紹介

KATE(ケイト)の歴代アイシャドウが集結! 「ベストアイシャドウセレクション」をまるっとご紹介

  • 2017.5.2
  • 5758 views

プチプラなのに優秀すぎると話題のKATE(ケイト)。常にトレンドが反映されているKATEの、1999年発売当初からの歴代アイシャドウが集結した「ベストアイシャドウセレクション」が、5月1日に発売されます。
発売前だというのに、SNSでは早くも話題を集めている人気商品。
今回は、KATEの「ベストアイシャドウセレクション」をまるっとご紹介しちゃいます。

◼︎ ベストアイシャドウセレクション ¥2,700(税込)/KATE

捨て色がない! 歴代の人気アイシャドウ12色

KATEから発売された歴代の人気アイシャドウが揃っているから、捨て色がないのもいいところ。

カラーと特徴をご紹介

(写真左上から順に)
・グラムトリックアイズ(2007年発売)
ハイライト/角度によって絶妙な輝きを演出
・リフレクトミラーアイズ(2009年発売)
ミディアムカラー/高発色でラメ感が絶妙
・ジュエリーモードアイズ(2012年発売)
ダークカラー/艶っぽい仕上がりに
・グラディカルアイズ(2003年発売)
ミディアムカラー/キレイにボカシやすい
・ラインスパイシー(2006年発売)
ミディアムカラー/インパクトのある目元に
・デュアルカラット(2006年発売)
ハイライト/光の効果で奥行き感がつくれる
・カラーシャスダイヤモンド(2013年発売)
ダークカラー/重ねるほどツヤ感がでる
・グラディカルアイズS(2007年発売)
ミディアムカラー/簡単にグラデーションが完成
・ディープアイズ(2003年発売)
ダークカラー/深いホリがつくれる優れもの
・フラッシュクラッシュ(1999年発売)
ダークカラー/フラッシュを浴びたような仕上がりに
・ゴールディッシュアイズ(2013年発売)
グリッター/ツヤと輝きの両方がゲットできる
・ダイヤモンドカットアイズ(2009年発売)
グリッター/ダイヤモンドのように奥行き感のある輝きに

カラースワッチ

KATEの歴代アイシャドウは、こんなに良いものばかりだったのかと思うほど。たったひと塗りでここまでの発色・ラメ感は、プチプラコスメでは珍しいですよね。

MAKEUP HOWTO

使い方次第で、クールにもフェミニンにも仕上がる万能アイシャドウ。どのカラーを組み合わせたらいいか迷ったら、パレットを4分割にして、3色ずつ使ってみて。

クールな目元に
FKJLの組み合わせでクールな目元に

1. ハイライト(F)をまぶた全体に塗布
2. グリッター(K)を二重幅に塗布
3. 締め色のダークカラー(J)を目尻1/3に塗布
4. ダークカラー(J)を下まぶた1/3に塗布
5. グリッター(L)を黒目の上にポンポン塗り
この工程でメイクをするだけで、クールなツヤまぶたが完成します。

フェミニンな目元に
AHGIの組み合わせでフェミニンな目元に

1. ハイライト(A)をまぶた全体に塗布
2. ミディアムカラー(H)を二重幅より下の目尻1/3に塗布
3. グリッター(G)を目頭1/3のアイホールに塗布
4. ダークカラー(I)を下まぶた1/3に塗布
ピンク系のカラーを目尻のみに使用することで、腫れぼったさを回避できます。

過去に流行ったアイシャドウだというのに、トレンドメイクが完成するのは驚きですよね。
KATEの「ベストアイシャドウセレクション」を持っていれば、色んなカラーのグラデーションがつくれちゃうから、ひとつは持っておきたい注目のアイシャドウパレット。
購入の際は、ぜひ参考にしてみてください。

--- Follow Mg ---
Makeup Movie/C Channel
Cosmetic Account/Instagram