「PTA活動ができない理由」を追及される理不尽【はじめてのPTA 第2回】

(c) maroke - Fotolia.com

さて、前回は日本のPTAの成り立ちについてお話しました。戦後、日本でPTAをつくることになったとき、「とりあえず自動強制加入」にしたのがずっと続いてしまったわけですが、ようやくその見直しが始まっている、というのが今の状況だと思います。

ではあらためて、自動強制加入だと何がまずいのでしょうか? 「これまでずっと、それでやってきたんだから、変えなくてもいいじゃないか」と思う方もいるでしょう。それを、なぜわざわざ変える必要があるのでしょうか。

現状の自動強制加入のやり方によって、具体的にどんな問題が起きているのか、それを今回はお伝えしたいと思います

■1.ずばり「楽しくない」

(c) tatsushi - Fotolia.com

まずはこれです、自動強制加入では活動が「楽しくない」ということ。PTAが今これだけ嫌われてしまっているのも、加入方法が強制であることに根があります。

人はふつう何かするとき「これをやったら、どんないいことがあるかな?」と考えて、その行動をとるものですが、強制加入ではそういったメリットを考える余地がありません。最初から「やりなさい」といわれてしまうので、なかなか楽しめないのです。

たとえば「学校に通う」とか「税金を払う」といったことなら、必要性もわかるし、法律で決まっているんだから、と思いますが、PTAは残念ながら必要性がはっきりしない仕事がよくありますし、「必ずやらなければいけない」という法的な根拠もありません。

それで強制されるのでは、「やりたくない」「つまらない」と感じる人が多いのは無理のないことでしょう。

■2.「詐欺」に加担してしまう

(c) morganka - Fotolia.com

端的な表現ですみませんが、実際のところ、現状のPTAのやり方は「詐欺」と言われれば否定できないところがあります。法的な根拠がないのに本人の同意を得ずに会員にして、会費を徴収するというやり方は、ふつうの団体ならありえません。

保護者は子どもが学校に入ると自動的に会員になるので、なかにはPTAが学校と別団体であること、PTAが任意加入であることを知らずに会費をおさめている人も少なからず存在します。そういう人から集めた会費を使って活動するのは、後ろめたいところがあります。

たとえば、多くのPTAは学校に備品等を寄付していますが、本来寄付というのは自由意志に基づくものです。同意なく加入・徴収したお金で寄付を行うのは、ある意味、だましとったお金によるプレゼントのようなもの。渡すほうも、受け取るほうも、胸を張ることができません(そのためPTAによる学校への寄付は、あまり表に出てきません)。

普段の活動でも同様です。たとえば筆者も、活動中にPTA予算で買ったおいしいお菓子をいただくことがありますが、うれしい反面「もしかすると、PTAが学校の一部だと思って無理して会費を払った人のお金を含んでいるかもしれない」と思うと、申し訳なく感じます。

■3.事情のある人が嫌な思いをする

(c) xy - Fotolia.com

保護者のなかには、いろんな状況の人がいます。ひとり親、闘病中の人、介護中の人など、みんながみんなPTA活動をできる状況にはありません。でも自動強制加入だと、そういう人が「できない」というためには、個人的な事情を他人に伝えなければならなくなります。

「それは当たり前では?」と思う方もいるかもしれません。PTAといえば、4月の保護者会でお母さんたちが順番に「できない理由」を言うのが風物詩のようになっていますよね。でもそれも、一般の団体だったら起こり得ないことです。

スポーツクラブでもクリーニング屋さんでも、ふつうは申込みをした人が会員になりますから、会員にならない人がわざわざ「入らない理由」を告げる必要はありません。むしろ、告げたらヘンでしょう。

でもPTAは違います。自動強制加入で会員になってしまうから、「できない理由」を、みんなに説明せざるを得なくなったりするのです。

なかにはもちろん、個人的な事情を他人に言いたくない人や、言えない人もいます。そういう人が仕事を押し付けられてしまい、行けなくて休むと陰口をたたかれる、なんていうことも起こり得ます。

■学校から「児童名簿をもらうこと」の問題

(c) 優太丸 木戸 - Fotolia.com

ちなみに、そもそもなぜ申込みをしないのに自動的に会員になるのかというと、学校の名簿が勝手にPTAに流用されているからです。このように、個人情報を本人の同意なく第三者に渡すことは、個人情報保護法例(法律や条例)で禁止されています。学校はそのルールを守っていないのです。

以上のような理由で、現状のPTAのやり方には問題があることについて、おわかりいただけたでしょうか。

なお、気をつけなければいけないのは、問題があるからといって、PTAを丸ごと否定する必要もないということです。PTA活動にはいい面もいろいろあり、楽しんで活動している人たちもじつはけっこういるのです。

必要なのは、やり方を適切に改めることでしょう。

まずは自動強制加入をやめて、「加入意思を確認して、同意の上入会する」というふつうの形にすれば、全部とは言いませんが、いまPTAが抱える多くの問題は解決、または改善していくはずです。

最近は徐々に、運営の仕方を正しく改めるPTAも増えつつあります。次回は、そういったPTAについてご紹介したいと思います。

■大塚玲子さんの著書
『PTAがやっぱりコワい人のための本』
(太郎次郎社エディタス/¥1,620)

そこにいるのはどんな人たち? 負担はいったいどの程度? PTAのネガとポジを徹底仕分け。読めば気持ちが軽くなる一冊!



(大塚玲子)

提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
小学校のPTAを10年体験してきて考えたこと【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.17】
最近「PTAはブラック」「PTAは大変」という話題が盛り上がっていますよね。改めてPTA(今回は小学校のPTAメイン)について考えてみました。ブラックと言われる内容の代表(強制加入、会費徴収、役員ノルマ)については、私も目の当たりにしてきたのですが、私は、その実態はブラックとは少しニュアンスが違うな~と感じましたので、そのあたりが伝わるといいなと思い書いてみました。PTAについて考える機会は、多くの方に訪れるかと思いますので、読んでいただけたら嬉しいです。
ウーマンエキサイト
親はツライよ…PTAだけじゃない“ボランティア”が支える小学生「地域スポーツの世界」
新しいことに挑戦したくなる春。「今年度は子どもに何かスポーツをさせたい」と考えているパパママも多いのではないでしょうか? 小学生の地域スポーツは親の手が必要な場合が多く、わが家の日常も子どものミニバスケットボールチーム加入をきっかけに一変。「親が大変なのはPTAだけではないんだ」と思い知らされた1年を振り返ってみましょう。
ウーマンエキサイト
PTA改革が加速中!「PTA、解体したってよ」個人情報保護法改正が非加入組の追い風に?
いまや専業主婦の世帯より共働き世帯の方が多くなり、2000年代になってその差もどんどん広がっています。保護者が平日に学校に集まってやる仕事の多いPTAも変化せざるをえない転換期。今、PTAでは具体的にどんな変化が起きているのでしょうか?
ウーマンエキサイト
知らない間に引き落とされている…? PTA会費っていくらが平均【パパママの本音調査】 Vol.161
PTA活動に必要なPTA会費。地域や学校によってその金額に違いがあるようですが、なかなか知る機会がないのが実情。そこで、パパママ世代に調査をしてみました。あなたは1年間でどれくらい払っていますか?
ウーマンエキサイト
PTA「やって良かった」の声も! 悪い面ばかりに目を奪われないために【はじめてのPTA 第4回】
「#PTAやめたの私だ」が話題となり、PTA改革の必要性が叫ばれる中、PTAの悪い面ばかりに目を奪われて「PTA本来のメリット」も見えづらくなっています。実際に活動をした際のメリットや、その良さを広めるために今後必要なことを、長年PTA問題を取材してきた大塚玲子さんが解説します。
ウーマンエキサイト
PTA改革がぶち当たる「非加入家庭の子どもはどう扱うの?」問題【はじめてのPTA 第3回】
「#PTAやめたの私だ」が話題となり、自動強制加入が問題視されるPTA。そんな中「入会届」を配る“合法PTA”も増えてきているのだとか。PTA改革の現状と、その先に噴出するさまざまな不満の声を、長年PTA問題を取材してきた大塚玲子さんが解説します。
ウーマンエキサイト
教育委員会にチクる!? 経験者が語った“PTAを辞める方法”3つ
この時期、ママたちの頭を悩ませるのがPTA役員の問題。4月早々の保護者会は、役員選出を兼ねた地獄です。前年度の役員が前に立ち、「就学中、ひとり1回は必ず役員をやってください」と連呼
パピマミ
PTAって違法なの?「#PTAやめたの私だ」に見る苦悩【はじめてのPTA 第1回】
「PTAが苦手…」「PTAっておかしくない?」と不安を募らせるママたち必見! 「#PTAやめたの私だ」で話題となったPTAの自動強制加入問題や成り立ちについて、長年PTA問題を取材してきた大塚玲子さんがわかりやすく解説します。
ウーマンエキサイト
やめたい人が多数? PTAへの入会をめぐるママたちの本音4選
こんにちは、こじらせ美容オタク家のともです。先日、PTAをやめた東京都内の主婦のことが話題になっていました。PTAに関しては長年賛否はありますが、そもそも「え? PTAって入らなく
パピマミ
松平健「身近に感じました」ドラマでPTAの副会長役
ザテレビジョン
これでPTAも大丈夫!? ママが「話をわかりやすく伝える」コツ
今度の4月から、小学校のPTA役員をすることになりました。会議で意見をまとめたり、連絡事項を皆さんに伝える機会があるため、今から不安です。
パピマミ
実際に「PTA」から「PTO」に改革した嶺町小学校のエピソード
小学5年生の息子がいます。4月のクラス懇談会でじゃんけんに負けてしまい、PTA役員になってしまいました。まだ具体的な活動は始まっていませんが、憂鬱で仕方がありません。
パピマミ
私がPTAで代表挨拶!? 人前が苦手なママがスピーチ上手になるコツ5つ
PTAの委員会決めで、委員長に選ばれてしまい落ち込んでいます。人前に出るのが苦手で、本当は受けたくなかったのですが、じゃんけんで負けたので仕方がありません。
パピマミ
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理