1. トップ
  2. 恋愛
  3. 逆に失礼!? 子どもの写真入り年賀状が喜ばれないワケ3つ

逆に失礼!? 子どもの写真入り年賀状が喜ばれないワケ3つ

  • 2014.12.17
  • 572 views

【パパからのご相談】

毎年わが家の年賀状には、2人の子どもの写真を載せています。ところが最近、“子どもの写真の年賀状は印象が悪い”という話を耳にしました。しかし、僕の周りの子持ちファミリーが送ってくる年賀状はほとんどが子どもの写真入りです。本当にこれが失礼にあたるのであれば、廃れてしまうものなのでは? とも感じています。

子どもの写真入りはそんなに印象の悪いものですか? また、失礼のない年賀状とはどのようなものなのでしょう?

●A. やっぱり嫌われている? 子どもの写真入り年賀状!

ご相談ありがとうございます。ママライターの木村華子です。

今年も残すところあとわずか。年賀状の準備に追われる方も多いでしょう。今年はどんな年賀状にしようか? ちょっと面倒だけど、楽しい作業でもありますね。新年最初のご挨拶は、ぜひ喜ばれるすてきな年賀状にしたいものです。

今回は、子どもの写真が嫌われるワケ、そしてどのような年賀状が好印象なのか? をお話し致します。

●もらって嬉しくない年賀状ベスト4

2014年11月、ネオマーケティングが行った『もらって嬉しい年賀状・もらって嬉しくない年賀状』の調査では、以下のようなランキング結果となりました。

・1位……全面印字で手書きのメッセージがない

・2位……「あけおめ」「ことよろ」などとしか書いていない

・3位……子どもの写真のみ

・4位……自慢話が書かれている

なんと子どもの写真は自慢話よりも嫌われているようですので、相談者様が耳にした話もあながち嘘ではないようですね。

●子どもの写真入り年賀状が嬉しくない理由3つ

なぜ、子どもの写真入り年賀状が嫌われてしまうのでしょう? ネオマーケティングが行った同調査では、その理由として以下のような意見が見られました。

●(1)単純に子ども嫌いパターン

・子どもが嫌いなので(30才/女性)

●(2)独身・不妊などの訳ありパターン

・皆に子どもがいるとは限らないので、少し配慮してほしいと思ってしまう(45才/女性)

●(3)子どもに興味も面識もないよ! のパターン

・一度も会ったことのない子どもの写真を送られてもなぁ〜という感じ(47才/男性)

・家族が増えたことは喜ばしいことだが、子どもとは面識がない場合は嬉しくない(18才/女性)

・子どもの近状よりも本人の近状を知りたい(28才/男性)

たしかに、その子どもを知る肉親や近しい友人にとっては、「大きくなったんだな〜」と微笑ましく感じるかもしれませんが、そもそも子どもに興味がない方や、子どもが嫌いな方もいらっしゃいますよね。そんな方にしてみれば、「だからどうした」程度の感想か、あるいは不快に感じる方もいらっしゃるのかもしれません。

年賀状は、家族連れや独身、さまざまな方へ送るものです。全ての方が子ども好きとは限らない、ということも考慮するべきなのかもしれませんね。

●もらって嬉しい年賀状とは?

では、逆にどのような年賀状であれば嬉しいと感じてもらえるのでしょう?

・1位……手書きのメッセージがある

・2位……最近の近状が書かれている

・3位……家族の写真が載っている

・4位……どんな年賀状でも嬉しい

意外に思われるかもしれませんが、「子どもの写真は嬉しくないけど、家族の写真は嬉しい」という声が多かったようです。そもそも、年賀状を受け取る方と面識を持っているのはあなた自身です。年賀状をもらう立場の側としては、子どもよりもあなたに興味があるということではないでしょうか。

また、自分宛に手書きのメッセージが書いてあると喜ばれるということも分かりました。「時間を使って、自分宛てのメッセージを書いてくれたことが嬉しい」などの理由があり、逆にメッセージがない場合、心がこもっていない印象を与えてしまうようです。

印刷して終わり、ではなく、一手間掛けてメッセージを添えてみてはいかがでしょうか。

●喜ばれる年賀状を書くポイント2つ

この調査結果から見えてくる“喜ばれる年賀状の書き方”は、以下の2つです。ぜひ、この度の年賀状作成の参考にしてみてください。

・a……子どもだけでなく、あなたも写った写真を使う

・b……手書きのメッセージで、近状報告をする

ーーーーーーーーーー

せっかく手間や時間を割いて作る年賀状です。「嬉しくない」と思われるのはとても悲しいことですね。新年のご挨拶は、家族や子どもアピールに偏らず、受け取る側の幸せを祈る内容を意識してみてはいかがでしょうか。

【参考リンク】

・もらって嬉しい年賀状・もらって嬉しくない年賀状 ランキング結果を発表(http://www.i-research.jp/report/?p=1496)

(ライタープロフィール)

木村華子(ママライター)/第一子出産を皮切りに、20代後半のほとんどを妊婦生活で過ごす。自然分娩で生まれてくれた長男の後、胎盤剥離や卵管結紮など、出産での様々なトラブルやアクシデントを経験。現在は日々慌ただしい育児で経験値更新中。3人の子供達と、何考えてんのか分からない旦那様、そして自分を含めた5人の胃袋を満たすため、家事の傍らライター業をはじめました。ガーデニング、家庭菜園、料理、絵、カメラ、お酒、あとは裁縫編み物手芸工芸と、手当たり次第に手を出すチャレンジャー(飽き症)。「お母さんが楽しくないと、楽しい家庭にならんでしょ!」をポリシーに、今日も楽しく育児しています。

元記事を読む