1. トップ
  2. レシピ
  3. 骨の成長をサポートするビタミンDが豊富! かつおのなめろう

骨の成長をサポートするビタミンDが豊富! かつおのなめろう

  • 2017.4.24
  • 677 views

初がつおが出回る時期になりました。かつおといえば、“かつおのたたき”としてお刺身でいただくのが一般的だと思いますが、違う食べ方をお探しなら、ご飯が進む“なめろう”はいかがでしょうか?

なめろうというと、アジがポピュラーですが、かつおでもおいしくできるんですよ。

かつおには骨の健康に関係する“ビタミンD”が豊富。このビタミンは、カルシウムを骨にくっつけるときに必要になります。

栄養的には、カルシウムが豊富な“しそ”をかつおにトッピングするのが、おすすめの組み合わせ。ほかにも、カルシウムを多く含む食材として使いやすいのは、小松菜。「かつおのなめろう丼、小松菜のごま和え」なんていう献立も理想的です。ごまもカルシウムが豊富な食材なので、小松菜はお浸しにするよりもごま和えのほうがおすすめです。

パパのおつまみとしてはもちろん、育ちざかりの子どもにもぜひ食べてほしい一品です。かつお独特の風味が苦手という人でも、味噌や生姜などの香味野菜と混ぜ合わせたなめろうなら、とても食べやすいと思いますよ。

■かつおのなめろう

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子

<材料>※作りやすい分量
かつおの刺身 1さく
生姜 1かけ
長ねぎ 1/4本
味噌 大さじ1強
しそなどの薬味 適量

<作り方>
1、生姜はすりおろす。長ねぎは縦2等分にし、小口切りにする。
2、かつおを1cm角ほどに切ったらまな板の上で1と味噌を合わせ、包丁でたたき合わせる。
3、味をみて、足りなかったら味噌を少し加える。
4、器に盛り、しそなどの薬味をのせる。

なめろうは、お茶をかければお茶漬けに、小判型に丸めて焼けばハンバーグにも変身します。

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子

私はいつもかつおの刺身を2さく買ってきて、半分はなめろうに、もう半分はハンバーグにしてお弁当のおかずにしています。かつおのハンバーグもおいしいですよ!

※小さな子どもには、お刺身は食べさせないでください。

(長 有里子)