1. トップ
  2. メイク
  3. 春の”うっとりする色気”は「ルージュ」で演出!オススメの「春ルージュ」7選

春の”うっとりする色気”は「ルージュ」で演出!オススメの「春ルージュ」7選

  • 2017.4.4
  • 7974 views

春は、いろんな自分を演出したくなる季節。可愛らしい顔立ちや、相手を“ドキッ”とさせてしまうような、色っぽい顔立ち。その日の気分や予定に合わせて、メイクで演出したいところですよね。春の”うっとりする色気”を演出するオススメの春のルージュをご紹介します。

”うっとりする色気”演出する春ルージュ①

コフレドール/エレガントジュエリールージュ 2,484円(税込)

独自開発の「エッセンスカラーヴェール処方」を採用した高発色リキッドルージュです。色つやだけではなく、リッチなうるおいも一体化したヴェールが、カサつきがちな唇にも美しくフィットし、長時間持続します。乾燥から唇を守る保湿成分配合。たっぷりルージュをのせられ、ひとぬりでムラなく仕上がるチップを採用しました。

”うっとりする色気”演出する春ルージュ②

ランコム/ラプソリュ ルージュ 4,320円(税込)

ランコムを象徴するリップ「ラプソリュ ルージュ」は、全54色展開かつシアー・クリーム・マットの3種類のテクスチャーです。これによって、色気引き立つセンシュアルなくちびるを叶えます。 ランコムローズのエンブレムを冠したジュエリーのようなラプソリュ ルージュなら、54色の豊富な色展開から、きっとあなたの運命の一本が見つかります。

”うっとりする色気”演出する春ルージュ③

ロレアル パリ/シャインカレス 1,836円(税込)

フレッシュな色ツヤと魅惑的な光沢感をこれ1本でかなえるリキッドルージュです。軽さを実現するために、ベースに水を使用したフォーミュラで、塗るたび唇に水をまとったようなフレッシュなつけ心地です。つけているのを忘れるほど軽く、べたつきもありません。ハニカムコーティング採用で、塗布後、隙間なく”きゅっ”と唇に密着します。

”うっとりする色気”演出する春ルージュ④

ジルスチュアート/フォーエヴァージューシー オイルルージュ 3,024円(税込)

出典:@cosmeより

鮮やかな発色、濃密なツヤ、美容オイルの潤いをかなえるリキッドルージュです。なめらかに唇にのび広がり、ベタつきなく唇にフィットしてくれ、果実のようにジューシーな彩りが長時間持続することができます。アルガンオイル、ピーチカーネルオイル、アプリコットオイル、グレープシードオイル、アボガドオイルを配合し、うるおい感や密着性が高く、唇の縦ジワをカバーします。クリスタルフローラルブーケの香り。

”うっとりする色気”演出する春ルージュ⑤

イプサ/グロスルージュ グレイズ 3,456円(税込)

鮮やかな発色とぷっくり立体ツヤ感で透明層の奥から色を放つ、新感覚のリキッドルージュ。透明感を保ちながら鮮やかな発色と色もちを実現してくれる「カラーステイクリアパウダー」と、立体ツヤ感を持続する“2層オイル構造”の新基材を採用しています。さらに、「カラーステイクリアパウダー」の採用により、色材を最小限に留め色にごりのないオイルの透明層を実現しました。

また“2層オイル構造”は、トップコートオイルと「カラーステイクリアパウダー」を採用した密着オイルからなり、経時で唇表面がしっかりコートされる設計で、立体的なツヤ感を持続させます。ティップはスパチュラ面とフロッキー面の2WAYタイプとなっており、自在にツヤ感の調整が可能です。

”うっとりする色気”演出する春ルージュ⑥

ジバンシイ/ルージュ・アンテルディ 4,320円(税込)

強いインパクトを与えるカラー。そして、サテンのような仕上がり、極上の着け心地、そしてロングラスティングを兼ね備えたリップスティックです。ブラック・ローズ・オイルによって、唇をやさしく包み込みながら潤い補給し、唇をより立体的に女性らしく美しい口元を演出してくれるでしょう。

滑るようになめらかな、簡単に塗布できるテクスチュアで、つけていないかのような軽い感触の唇に。調香師フランソワ・ドマシー監修による魅惑的な香り。

”うっとりする色気”演出する春ルージュ⑦

ゲラン/キスキス 4,344円(税込)

クリーミィでとろけるようなテクスチャーによって、官能的な感触を演出することができる、リップスティックです。サテンのような艶やかな仕上がりをもたらし、それが長時間持続します。マンゴーバター、ヒアルロン酸、ミルラオイルを配合。リトル ブラック ドレスに身を包んだシックなデザインのパッケージです。

春にうっとりしてしまうような“色気”を演出させるには“ルージュ”。ルージュは、ひと塗りだけでも色っぽい顔立ちに仕上げてくれますので、必ず1本は持っておきたいものです。春の色っぽメイクを楽しんで、理想の“色気”を演出してみませんか?