クリストフルに、新しいジャルダン・エデンが登場。

クリストフルでジャルダン・エデンといったら、オランダのマルセル・ワンダースがデザインしたカトラリーのシリーズ。エデンの園にインスパイアされた植物や花が官能的かつポエティックに飾るシルバーウエアは、2011年に発表されて以来、好評である。

左:スターデザイナーのマルセル・ワンダース。コスメデコルテからもコレクションを発表し、女性たちの間でも馴染みの名前に。photo:@MarcelWanders
右:クリストフルのジャルダン・エデン・コレクション。photo:@Luxproductions.com

この春、同じ名前で照明器具がクリストフルから発表された。もちろんデザインしたのはマルセル・ワンダースだ。クリストフルというメゾンはテーブルウエアのイメージが強いので、照明というと意外な感じがするのではないだろうか。クリストフルの創業は1830年にさかのぼるが、当時はまだ電気のない時代である。1875年に完成したシャルル・ガルニエによるパリ・オペラ座では、早くも電気が使われていて、階段の彫像が掲げ持つ燭台を担当したのがクリストフルである。つまり、かなり早い時期からクリストフルは照明器具の分野に手を染めていたことになる。第二次世界大戦が始まるまで、記録によると約200点の照明関連品が製作されたそうだ。

しばらく活動が休止していた感がある照明部門。このジャルダン・エデンはクリストフルにおける照明器具の復活作の第一弾といってもいいだろう。シャンデリアと1,80cm 高さのランプの2作品。どちらもアラベスクを描くようにうねるメタルの枝が幻想的かつ官能的で、カトラリーのジャルダン・エデンでおなじみのモチーフがひっそりと描かれている。クリスタルのランプシェードは、クリアーとスモークの2種の選択。

左:20のランプのシャンデリア。写真のランプシェードはクリアー・クリスタル。40,000ユーロ。
右:17のランプで、高さ1,80cmのスタンド。写真のランプシェードはスモーク・クリスタル。45,000ユーロ。photos:@Luxproductions.com

マルセル・ワンダースによるこの2点をベースに、日常生活で気軽に楽しめる、卓上ランプが生まれた。これらのランプシェードには、布のチョイスもある。シンプルなデザインは不思議な静けさをたたえていて、なんだか和室にも似合いそうだ。

左:スモーク・クリスタルの卓上ランプ。950ユーロ。
右:ブラック・ファブリックの卓上ランプ。750ユーロ。photos:@studiokujjuk

同時にジャルダン・エデンのシリーズにさまざまな新作が加わった。ペンシル・スタンド、ペイパー・ウエイト……。また写真のような燭台も(左1,700ユーロ、右650ユーロ)。photos :@studiokujjuk

Christofle
9,rue Royale
75008 Paris
tel +33 1 55 27 99 17
営)10:30~19:00
休)日

元記事を読む
提供元: madame FIGARO.jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理