大地震が起こったときにするべき行動は? 命を守るポイント

もしも仕事中、しかも社外で地震が発生したら? 防災対策の識者お二人に防災マニュアルを教えてもらいました。

教えてくれたのは、「一般社団法人 防災ガール」代表理事の田中美咲さんと、危機管理アドバイザーの国崎信江さんです。

社外で打ち合わせ中に揺れたら、慣れない場所でも、できる限りの努力を。

「基本は自社にいるときと同じ。倒れそうな棚や、窓ガラスから離れます。机の下に潜り込む、持っているカバンやアウターなどで頭をカバーするなど、できる限り体を守る工夫を」(田中さん)。勝手が分からないオフィスでは、安全なスペースを探す日頃の訓練が、功を奏するはず。

揺れがおさまったら、自分の居場所を上司に伝える。

避難するときは、訪問先の施設のルールに従って。誘導してもらえないときは、自身の判断で行動する。「自社の人や家族に、災害用伝言板などで自分がどこにいるか伝えること。万一、その後何があったとき、どのエリアに自分がいるか把握してもらえるようにします」(国崎さん)

路上を歩いているときに揺れたら、塀や電柱のないところへ。

undefined
大地震が起こったときにするべき行動は? 命を守るポイント

カバンで頭を守りながら、電柱、看板、ガラスなどから離れる。住宅街では、ブロック塀が崩れてくるかも。「車が走っていなければ、ひかれないよう手を振りながら車道中央へ逃げてもよいでしょう」(田中さん)

揺れがおさまったら、公園など、広い場所へ移動。

「人の流れに乗って駅などへ向かうと、帰宅困難に陥る可能性大。まずは広い公園などへ移動を」(田中さん)。スマホなどで情報を集め、帰宅困難な状況が発生しているなら、開いてるカフェで待つくらいの余裕を持って。

田中美咲さん 「一般社団法人 防災ガール」代表理事。“防災をこれからのフェーズへ”をモットーに全国の仲間と活動。

国崎信江さん 危機管理アドバイザー。「危機管理教育研究所」代表。女性の視点で防災・防犯対策を提唱。防災にまつわる著書も多数。

※『anan』2017年2月8日号より。イラスト・深川 優 文・風間裕美子

(by anan編集部)

元記事を読む
提供元: anan webの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理