“さしすせそ”がキー! 物を捨てられない実家の両親への対処法

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。

年末年始に帰省してみて、年々実家が散らかっていくように感じます。同じような方も多いのでは?

帰省すると野菜、食料品などをもらうのですが、それが入っているジップロックは何回目の使いまわしか分からない……。

別の親戚からもらった手作り柚子ジャム。喉に優しくてこれはこれでうれしいけれど、その瓶は元はブルーベリージャムが入っていたようでうっすらと賞味期限が「2014年」と読める。

ラベルには上からさらに「ココア」と上書きされておりました。すくなくともこの瓶にとって、柚子ジャムは3代目の入居者のようです。

「この前さぁ」が数年前のエピソードであることも少なくない60〜70代の方々のお宅には、「なんで、これまだ捨てないの!」と言いたくなるような物があふれています。本人たちにとっては“最近”買ったものなのです。

今回は、そんな親の家の片づけについて“捨活アドバイザー”の岡田敏子さんにお聞きしました。

岡田さんは家が散らからないようにするため「捨てる・減らす・管理しない」を段階的にレッスンしていく捨活トレーニングの個人レッスン、講師を行っております。

●片付けをしぶる親には「さ・し・す・せ・そ」が大事

親世代はモノを大事することを叩き込まれた世代。「要らなかったら捨てちゃえば」と簡単にいっても捨てられません。親としてのプライドもあります。

大事なのは親とのコミュニケーションです。なぜ捨てられないのか、片付けが進まないことに焦らずに親の思いに共感して耳を傾けてみましょう 。

よくあるのが大きな娘さんが「はいはい。分かったから」と聞き流しているケース。そういう態度をとっていると、片付けから親子喧嘩に発展して全く片付けが進みません。

そんなときに大事なのが「さ・し・す・せ・そ」です。

**********

「さ」……「さすがぁ!」
「し」……「知らなかった!」「上手なのね」
「す」……「すごいね」「素敵だね」
「せ」……「絶対次はできるから大丈夫」
「そ」……「そうだね!」

**********

と親の気持ちに共感し、同意し、褒めて励ましてみましょう。自分の意見を押し付けることのないように。

----------

なんだか婚活・恋愛で私が「リアクションが大事、迷ったら“さ・し・す・せ・そ”だよ」と言っているのとまったく同じですね。岡田さんありがとうございます。

【取材協力/岡田敏子】
スマイルファクトリー代表。捨活トレーニング等についての講師、執筆、アドバイス等を行う。 努力を結果に結びつけるための「捨てる・減らす・管理しない」を段階的にレッスンしていく方法で、捨てる力をアップさせて人を成長させる講師・コンサルタントとして活動中。「持ちすぎない。溜め込まない。しがみつかない。」捨活メソッドを1,000人以上に教えている。
著書に『親の家は片付けるな。』『マンガでわかるはじめての片付け』(共にリンダパブリッシャーズ)等。
・公式ホームページ:幸せになれる捨活トレーニング

●ライター/菊乃(婚活・恋愛コンサルタント)
●モデル/福永桃子

元記事を読む
提供元: パピマミの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理