これで今日は”元気”!「気分を良くさせる」健康的な食べ物5選!

「憂鬱な気分をなくしたい!」身体を動かすことも一つですがそれもなんだか気が乗らない。それなら食べ物を使う方法も試してみましょう。何となく気分が重たいという日に食べたい食品で気分を変えて、笑顔になってみませんか?

「憂鬱な気分」はどうすれば解決できる?

気分が沈んでいる時は、体まで重たくなります。仕事をしていても、好きなことをしようとしてもやる気が出ない。なんだか集中できない。時間だけが無駄に過ぎてしまって、なんだか一日を無駄にしたような気がする、どうしてもそんなこともありますよね。

そんな時の対策には、まず、人が「いつ気分が沈みやすいか」を知っておくと、前もって手を打つことができます。

一般的に、1年で1番体が重たくなる時がいつか知っていますか?それは休暇の後です。その休暇は長期休暇、1-2日の短期休暇等にかかわらず、体が重たく感じます。こんな時は、我慢して重たい体のまま仕事をするのではなく、気分を変えることを覚えてみましょう。
でも、どうしたら、憂鬱な気分を変えることが出来るのでしょうか?

少し早くても、次の旅行の計画を立ててみる音楽を聞いて、気分を変える楽しい事をして、気分を切り替えるスポーツや散歩をして、体を動かしてみるいつもよりも華やかなファッションやメイクをしてみる

これらの方法も1つの方法です。それだけではなく、毎日の食事でも悪い気分と戦うことができます。それでもまだ物足りないという人は、休日の日や食べ物の内容を変えてみる事で、気分落ち込ませないように工夫をすることができます。

では、気分良く毎日を過ごせれるようになるために欠かせない食べ物を見てみましょう。今回ご紹介する食材は、身近に手に入る美味しい食材なので、すぐに試せるものばかりです。

1.もも

気温の変化などによって体の機能が落ちた時のバランスを整える役目があります。同様にアプリコットも効果があり、悲しさやイライラを抑えます。カリウム、植物繊維、ビタミンがとても豊富です。もも、アプリコットなどを使ってフルーツポンチにすると、見た目にもカラフルでいろいろなフルーツをたくさん食べれて健康的です。

前の日の夜に用意しておき、冷蔵庫に入れておくと朝に味がなじみ、さらに美味しくなります。カラフルな朝食を楽しみながら、果物の効果で体の中からエネルギーを湧かせてみましょう。

2.りんご

1日1個りんごを食べると、医者知らずと言われるほどです。りんごは、自然が作ったお薬です。そのままバックに入れて持ち運び、お腹がすいたらスナック代わりに食べてみましょう。フライドポテトやハンバーガーを食べる欲望が来る前にりんごで空腹を抑えておきましょう。

帰宅中にふと感じる、香ばしい揚げ物の香り。とても食欲をくすぐられますが、できるだけ気分を良く保つためには避けたい食品です。実は、脂肪分の多い食べ物は、食べた後に気分が落ち込みやすく、イライラしやすくなってしまいます。

また、ダイエットをしている人にとっても脂肪分の多い食べ物は、良い効果をもたらしません。りんごを食べると健康になりながら、気分を良くします。生で食べるのも美味しいですが、冬には焼きリンゴなど、火を通して食べるのも適しています。

3.トマト

地中海式ダイエットと言われる、減量等で欠かすことのできない野菜です。トマトは健康、美容にとっても貴重な食べ物です。身体の免疫力を保ち、気持ちもバランス良く保つことができます。生でも火を通しても食べることができます。
トマトを入れた「トマト鍋」は野菜がたっぷり食べれて、抗酸化作用をしっかり体に摂り込むことができる美容鍋です。

冬の「体を温めるメニュー」として、多くの美容を愛する人にも親しまれています。鍋は、一人で住んでいる人でも手軽にでき、時短節約料理としても人気です。

4.ほうれん草

ほうれん草を茹でたものは、食事に欠かせません。もちろん、ほうれん草の生サラダ、バターソテーなどにも同じような効果があります。ビタミン、ミネラル塩が含まれていて、この2つの作用により、免疫能力が上がります。先程のトマト鍋に入れて食べるのも美味しいですよ。お弁当のメニューにも取り入れてみると、色合いも良くなります。

5.たまご

朝起きて「なんだか今日は気分がすっきりとしない。。」そんな時は、卵を食べることがオススメ!卵以上に気分良くする食べ物 はありません。「イキイキとした日を始めるなら『たまご』」と覚えておきましょう。

たまごには、ビタミンD、E、亜鉛、オメガ3が含まれていて、これは1日に必要な理想量 の20%を占めます。アミノ酸もしっかりととることがができます。アミノ酸は、気分を明るくするホルモンと言われるセロトニンを作るのに欠かせないものです。

たまごを使った料理は、時間も少なくて済みます。目玉焼き、スクランブルエッグ、ゆで卵など、好きな調理法で食べてみましょう。塩だけで簡単に味付けするのもいいですし、スパイシーなソースをかけたり、味付けを変えるとバリエーション豊かになります。

今回紹介した食べ物をできるだけ食べるようにして、体の中から元気が湧いてくるように気を付けてみましょう。こうすることで毎日にハリが出てきて、休日後の仕事も少し身体が軽く感じるはずです。

食べ物を上手に使って、少し気分を調整することを覚えておくと便利ですよ!

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

元記事を読む
提供元: GODMake.の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理