1. トップ
  2. 恋愛
  3. ついつい言ってない?男をイラっとさせる「女の無神経ワード」3つ

ついつい言ってない?男をイラっとさせる「女の無神経ワード」3つ

  • 2014.12.6
  • 256 views

せっかくのデートなのに、今日はなぜか彼にイライラしちゃう日。

「なんでそんなファッションなの?」

「段取り悪すぎるでしょ」

「もっとしっかりエスコートしてよね」

でもうっかり地雷を踏むと“大ゲンカ”に発展してしまうことも……。そこで今回は、『gooランキング』の「絶対NG!ケンカの元になる“彼女・妻の余計なひとこと”ランキング」を参考に、男性をイラっとさせる一言をご紹介します。

気をつけて! ケンカの火種になるNGワード3つ

(1)「◯◯君ならやってくれるのに……」

うっかり口にしてしまいがちなのが、「○○君だったら」という言葉。彼氏という特別な存在を前にして、他の異性と比べるなんて絶対ダメ! 自分が1番だと思っている彼のプライドをズタズタに傷つけてしまいますよ。

ついこれを口にしてしまえば、「じゃあ、そいつのところに行けば?」と言われるのがオチ……。取り返しのつかないことになる前に、発言を改めてみて!

(2)「気持ちわるい」

いつもは気にならないことでも、「なんでそんなことするの?」「キモイ」と感じてしまうことってありますよね……。でも思ったことをストレートに表現しすぎると、男性に大きなショックを与えてしまいます。

彼に直してほしいことがあれば、きちんと言葉で伝えることが大切です。くれぐれも感情的になりすぎないようにご注意を……!

(3)「来なきゃよかった」

せっかく考えてくれたデートプランに、「来なきゃよかった」「つまらない」と文句をつけるなんて、彼女として絶対してはいけないこと。たとえウソでも「楽しかった」と感謝の気持ちを伝えるのが大人のマナーです。

ただし、いつも彼任せにしていると負担に感じてしまうことも……。たまには恋人がハッと驚くようなデートプランを考えてみてはいかがでしょう?

「最近ケンカが耐えなくて……」と悩んでいるなら、自分の発言を見直してみて? うっかり発言しちゃってませんか? ちょっとした気遣いを心がけるだけで、幸せな時間が訪れるはずですよ。

元記事を読む