1. トップ
  2. ネイル
  3. ネイルアートにベースコートが必要な理由と正しい使い方

ネイルアートにベースコートが必要な理由と正しい使い方

  • 2017.1.21
  • 7739 views

どの解説書を見てもマニキュアを塗る前に必ず使うよう書かれている「ベースコート」。ただこれを使わなければマニキュアを塗ることができないわけではないため、皆様の中には、面倒くさがってベースコートを使ってないという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ネイルアートにベースコートが必要な理由とその正しい使い方、ベースコートを選ぶ際のポイントなどについてご紹介します。

どうしてベースコートが必要なの?

viaitnail.jp
マニキュアは、爪に直接塗ることも可能です。にも関わらずベースコートを使わなければならないのは、どうしてなのでしょうか。

その理由としてはまず、マニキュアの塗りムラを防ぐ、という点が挙げられます。というのも爪の表面は縦筋が入っていたり横になみうっていたりと、ほとんどの人は滑らかな状態にありません。そのため自爪に直接マニキュアを塗るとその厚みが均等にならず、塗りムラができることがあるのです。
この点、ベースコートを塗っておけば爪表面が滑らかになるため、綺麗にカラーリングすることができます。

またマニキュアには色素が含まれているため、自爪にそのまま塗ると色移りすることがあります。しかしベースコートを塗っておけば自爪をコーティングすることができるため、こういった現象も予防することが可能です。

ベースコートの正しい使い方をチェック!

viaitnail.jp
ベースコートの重要性について理解したところで、ここからはベースコートの使い方について見ていきましょう。ベースコートは正しく使うことでその効果を最大限享受することができますので、普段からベースコートを使っているという方も、自分のやり方が合っているかどうかチェックしてみてくださいね。

<ベースコートの使い方>
①: キューティクルプッシャーや綿棒で甘皮を押し上げ、アセトンや消毒綿を使って爪表面の汚れを落とす。
②: ベースコートを手に取り、ボトルのふちでハケをしごいて量を調節する。
③: 爪の裏側、爪の先端、爪の中央、爪の両端の順に、ベースコートを塗る。

ベースコートがムラになるとその上に塗るマニキュアもムラになってしまいますので、丁寧に作業を進めましょう。

ベースコートを選ぶときのポイント

viaitnail.jp
有名ネイルメーカーから100円ショップまで、最近は様々な種類のベースコートが販売されています。そのためいざベースコートを手に入れようと思っても、どれを買えばいいのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。

ベースコートは、自爪の状態に合わせて選ぶことをおすすめします。

自爪が薄い方や割れやすい方、いつも二枚爪になるという方は爪が乾燥している可能性がありますので、オイル配合のものがおすすめです。また冷え症や血行不良などで自爪の色が悪い方は、ピンク色のベースコートを使ってみるといいでしょう。

Itnail編集部