1. トップ
  2. ネイル
  3. 後悔しないウェディングネイルのために!指先で周りに差をつけるコツ

後悔しないウェディングネイルのために!指先で周りに差をつけるコツ

  • 2017.1.6
  • 10959 views

一生に一度だけの結婚式、誰よりも輝く美しい指先で当日を迎えるには、早めの準備やネイルケアがとても重要です。あわててウェディングネイルに取り掛かることがないよう、早めに予定を決めておきたいものですね。ネイルサロンなどの予約やデザインの決定はもちろん、数ヶ月前から自分で・自宅でネイルケアを進めていく必要もあります。今回は、後悔しないウェディングネイルに仕上げて当日を迎えるための、コツや注意点などをまとめます。

ネイルサロンを利用する場合は

普段はセルフネイルをしている方でも、結婚式や成人式といった大事なイベントでは、ネイルサロンのプロのネイルを利用することが多くなっています。
特にセルフでは簡単にできないような、派手で特別なネイルデザインに挑戦したい方には、おすすめです。
ネイルサロンであれば、繊細で細かいデザインはもちろん、派手で目立つ立体的なパーツをつけたりすることも、夢ではありません。
またスカルプチュアで思い切り長さ出しをして、普段は簡単にできないようなロングネイルに仕上げられるのも、基本的にネイルサロンのみです。

●シンプルでもOK!
もちろん、結婚式だからといって派手さばかりにこだわる必要はありません。
フレンチやワンカラー・グラデーションと言ったナチュラル・シンプルなウェディングネイルデザインも、多く存在します。
また、シンプルなデザインであれば、結婚指輪やウェディングドレスを引き立てることができます。

どのようなネイルにする場合も、ウェディングドレスに合っていることがとっても大事。
デザインを決める際は、ウェディングドレスの資料(ドレス試着時の写真・前撮り写真など)を持ち寄った上で、ネイリストとよく相談しましょう。

早めの予約を

ウェディングネイルのイメージが大まかに決まったら、さっそくネイルサロンを予約しておきましょう。
人気の高いネイルサロンや、春〜夏にかけて結婚式を挙げる人が増える時期(特に6月ごろ)は、ネイルサロンの予約が埋まってしまうこともあります。
結婚式ぎりぎりのタイミングで予約を取っても、施術が間に合わなかったり、したいデザインができなかったりすることもあります。
結婚式までのスケジュールをしっかり考えて、ゆとりを持って予約をしたいものです。
特に凝ったデザインは、ネイルサロンでもすぐにはできないので、早めに相談や準備を済ませておきましょう。

自分でもしたいネイルケア

ネイルサロンのウェディングネイルメニューは、大抵はネイルケアも含まれているため、基本的なネイルケアはネイルサロンでやってもらうことができます。
また、オプションなどでスペシャルネイルケア・ハンドケアなどを受けることも可能です。
しかしよりキレイなネイルに見せるためには、自分でもネイルケア・ハンドケアをしておきたいものです。

●とにかく保湿を!
結婚式の数ヶ月前から、セルフでもネイルケアを始めておくだけで、当日のネイルの仕上がりもずいぶん変わります。
甘皮処理などはやり方が分からない場合は無理に自分にする必要はありませんので、とにかく保湿ケアを優先しましょう。
ハンドクリームやネイルオイルを使って、爪や指先になじませるように保湿をしましょう。
ときには意識して軽くマッサージもすると、爪や指の代謝がよくなって、いっそう手肌と爪がしっとりします。
お気に入りのクリームやオイルを見つけて、毎日少しずつやってみてください。

いかがでしたか?
ウェディングネイルは早めの準備が大切。
結婚式を控えている方は、ぜひ参考にしてくださいね

Itnail編集部

オリジナルサイトで読む