1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【2017開運】生年月日タイプ別“幸せ”を自分の手で引き寄せる3つの方法(5)

【2017開運】生年月日タイプ別“幸せ”を自分の手で引き寄せる3つの方法(5)

  • 2017.1.4
  • 55201 views

一体自分はどんな人なのか? どんな性質・特徴があり、周りの人からはどんな風にみえているのか? 当たり前のことすぎるためか人は意外と“自分”を理解していません。そこで2017年を迎えるにあたり、生年月日別タイプのキャラクターから、どんなことを心がけて過ごしていけば幸せを引き寄せることができるのか改めてチェックしてみましょう。
今回は「Surlouis(サールイ)」&「Devality(ディヴァリティ)」の方の幸せを引き寄せる3つの方法をお伝えします。

あなたの生年月日から導かれる“タイプ”はこちらからチェック

まず最初に下の表から「生まれた年」と「生まれた月」の交わるところを確認し、その数字に「生まれた日」を足してください。 ※61を超えたら、60を引く

例)1976年9月15日生まれの場合
(1)上の表から「1976年」と「9月」の交わるところの数字を確認 → 52
(2)(1)で出てきた数字に「生まれた日(15日)」の15を足す → 67
(3)(2)の数字が60を超えているので、67から60を引く → 7
※(2)の数字が60を超えていなければ、(3)は必要ありません。この数字があなたの「運命数」になります
(4)さらに下の表から(3)で出てきた数字(例の場合は1~10の部分)の「偶数年」(例の場合は1976年なので)を確認すると、あなたのタイプが分かります。
※例の1976年9月15日生まれの場合「Deviage(デヴィアージュ)」タイプとなります

「Surlouis(サールイ)」&「Devality(ディヴァリティ)」の方の幸せを引き寄せる3つの方法

(1)瞬発力より継続力を大切に

あなたのセンスが光り流行の先取りなど新しいことを呼び込むことは得意だけれど、そこから継続していくことが苦手なタイプ。気移りの早いあなたが根気よくひとつのことに向き合えばさらに力が発揮され幸せへの道が続いていくことでしょう。まさに”継続は力なり”。根気と忍耐がキーワードです。

(2)損得よりも情けを重んじる

情けよりも損得を計りがち。一見損得勘定が賢い選択に思えるかもしれませんが、あなたにとって幸せを引き寄せる選択はまず最初に情を重んじること。物事を判断する際是非とも忘れずに。損得勘定は一番後回しにするのが吉です。

(3)マネープランをする

お金がなくとも意外とあっけらかんとしていられるタイプ。それはそれで他のタイプにはない利点とも言えますが、いざというときにやはり先立つものは必要です。貯蓄を意識しましょう。過去の栄光に目が向きがちですが、今から先のお金の計画をしっかり立てることで自分自身で確かな幸せを掴みましょう。

2017年も一日一日がどのような時間となるかは“自分自身の日々の選択”にかかっています。ちょっとした意識の積み重ねが、さらなる幸せが引き寄せられるものです。ぜひ参考にしてみてください。

監修:「YUKI's風水」野口由起子