1. トップ
  2. 恋愛
  3. プレッシャーに勝つ! 受験間近に成績が伸びる子どもの特徴4つ

プレッシャーに勝つ! 受験間近に成績が伸びる子どもの特徴4つ

  • 2014.12.3
  • 480 views

【ママからのご相談】

私立中学校の入試を間近に控えているのですが、なかなか成果が出ません。模試でもなかなか偏差値が上がらず合格圏内に入らないので、本当はダメなのでしょうけど、私自身がとても不安でいます。しかし、先輩ママから話を聞くと、合格確実のはずだったのに落ちた子、直前まで模試の結果は良くなかったけれど受かった子もいると聞きました。直前に伸びるのはどんな子なのでしょうか。

●A. 直前で伸びる子は心が強い!

こんにちは。プロ家庭教師の佐々木と申します。

いよいよ受験直前で、ソワソワしておられるご家庭も多いのではないでしょうか。ご相談者様も、直前で焦っておられるのではないかと思います。今回は、受験直前で伸びる子の特徴をご紹介します。

●受験直前で伸びる子の特徴4つ

●(1)模試の結果を気にしない

受験までは毎日何かしらのテストが行われます。そのすべてがいい結果とは限らないので、その都度落ち込んでいては心が持ちません。反省や改善はしても、気持ちの浮き沈みはできるだけなくして勉強に取り組むことが重要です。

●(2)素直な子

受験勉強の専門家である塾の講師は、常に生徒の合格を願い、作戦を考えています。講師の言ったことをきちんとできれば成績は上がります。もちろん、子どもだけでなく、親も専門家の意見を聞き実行することが大切です。

●(3)字がきれい

字が汚い子は作業が雑であることが多いため、試験本番でミスを繰り返す可能性があります。一文字一文字を美しく丁寧に書く必要はありませんが、読みやすい字が書けなければ復習も難しくなります。

●(4)闘争心に火がついた

滑り止めで受けた1月入試に落ちてしまったことで、かえって闘争心に火がつき、起爆剤になる子がいます。その悔しさから本番まで必死に勉強し、急激に伸びるのです。(1)同様、落ち込まない強さがあるかがポイントです。

このように、終盤で大きく伸びるために重要なのは気の持ち方です。「確実に受かる」と言われていたのに落ちる子の原因の多くは、プレッシャーと言われています。終盤戦はメンタルの強さと素直さが勝敗を分けると言っても過言ではありません。

ーーーーーーーーーー

ご相談者様も、とても不安な時期をお過ごしかと思います。しかし、子どもたちは大人を鋭く観察していますので、親御さんの不安に気付き、自信を失ってしまうこともあります。ぜひ、お母さんが気持ちを強く持って、お子さんを支えてほしいと思います。

【参考文献】

・『日経ホームマガジン 中学受験で合格する子、涙をのむ子』日経BPヒット総合研究所

(ライタープロフィール)

佐々木恵(プロ家庭教師)/塾講師歴6年、家庭教師歴6年。指導してきた生徒数は100名超。勉強が苦手・嫌いな中学生・高校生の苦手科目を克服する指導に定評がある。特に数学指導では、定期テストの得点を3か月で30点以上引き上げることも。勉強が苦手で自信がなかった学生時代に、当時の恩師から褒められたことで成績が急上昇し、自信をつけた。この経験から、現代の子どもたちに社会で生きていくために必要な自信を培ってもらうことを目標に、その子の性格や特性を分析し、その子に合った勉強法を提案し、個別授業を展開している。2014年4月25日に、電子書籍「うちの子なんとかなりませんか? 勉強嫌いを克服して30点上げる7つの方法 (ごきげんビジネス出版)」を発売。

オリジナルサイトで読む