1. トップ
  2. 恋愛
  3. 2017年の福を呼び込む! おすすめ開運絵本<絵本ナビ監修>絵本をえらぶ Vol.32

2017年の福を呼び込む! おすすめ開運絵本<絵本ナビ監修>絵本をえらぶ Vol.32

  • 2016.12.26
  • 4181 views

© Paylessimages - Fotolia.com

お出かけ前にテレビで見た「今日の運勢」。結果がいいものなら「いいことあるかも!」とちょっぴり幸せな気持ちになりますよね。実は絵本の世界にもそうした運にまつわる作品がたくさんあるのをご存じでしょうか。

そこで今回は絵本ナビ協力のもと、運気の上がりそうな開運絵本を選んでみました。絵本を読んで、幸せを呼び込みましょう!

どんぶらどんぶら七福神

文:みき つきみ/絵:柳原 良平/出版社:こぐま社
「どんぶらどんぶら七福神」(絵本ナビ紹介ページ)

まるで歌を歌っているような文章で、「七福神」という神さまを紹介してくれる絵本。子どもたちの中には初めてそんな神さまと出会う子もいるかもしれません。大人の私たちの中にも「誰がどんな神さまか」と問われると悩んでしまう人は少なくないはず。

この絵本を読めばそれぞれの神さまの顔と特徴がよく分かります。親しみやすく、かわいいイラストと神さまの笑顔にこちらも思わずほっこりしてしまう一冊です。

開運えほん

作:かんべ あやこ/出版社:あかね書房
「開運えほん」(絵本ナビ紹介ページ)

今年の夏にお母さんが入院したり、遊園地で迷子になったり、仲良しの友だちとけんかして仲直りもできていない「はなちゃん」。おばあちゃんはそんなはなちゃんに「いやなこと、悲しいことは疫病神の仕業」と教えてあげます。この絵本は、はなちゃんが年神様に疫病神を追っ払ってもらおうと奮起するお話です。

だるまの目は最初は片側しかいれない、まねきねこは右足でお金をまねき、左足で人をまねく…。開運にまつわるかざりものの説明が分かりやすく、たくさん描かれています。説明の難しい日本のならわしも、子どもにも楽しく理解できる一冊です。

おもちのきもち

作:かがくい ひろし/出版社:講談社
「おもちのきもち」(絵本ナビ紹介ページ)

たれた眉、つりあがった目、まあるい体に腕を組んだ「かがみもち」が表紙の絵本。毎年お正月になると登場する、かがみもちが主人公となっているこのお話はとっても斬新! ほかのおもちが人に食べられていく姿に身の危険を感じ、家から飛び出したかがみもちの大脱走劇の結末は…。

おもちの一大事ではありますが、コミカルな語り口とイラストが大人と子どもの笑いを誘います。最後はしっかりオチのつく、新年にぴったりの一冊です。

おたんじょう月おめでとう1月生まれ おめでとうおめでとう

作:中川 ひろたか/絵:あおき ひろえ/出版社:自由国民社
「おたんじょう月おめでとう1月生まれ おめでとうおめでとう」(絵本ナビ紹介ページ)

あたらしい年を「しんぴんのとし」と表現する主人公の男の子がとてもいとおしく思える絵本。新年は新品の洋服を用意して身に付けたりする家庭もありますよね。

この絵本にはいつもと変わらない見慣れた景色もあたらしく見え、1月がとくべつである理由がたっぷり描かれています。新年のハッピーな気持ちをおすそ分けしてくれる絵本なので、どの月に生まれたお子さんでも楽しめます。

あけましておめでとう

作:中川 ひろたか/絵:村上 康成/出版社:童心社
「あけましておめでとう」(絵本ナビ紹介ページ)

「あけましておめでとう」というお正月は、普段と何が違うでしょう。お正月前から日本の文化やお正月の風景を子どもに伝えることができます。お正月はカルタやすごろく、福笑いなど楽しい遊びもたくさん!

でも羽子板の勝負で負けると、墨で顔にバッテンを書かれてしまう…。お正月ならではの伝統遊びをする機会が減った今だからこそ読んであげたいお正月絵本。文章はシンプル、大きなイラストで小さなお子さんの読み聞かせにもぴったりです。

新しい年の始まりを全身で感じながら「今年はいいことがありますように!」とお願いする…。お正月は日本の文化や習慣を改めて感じられるときでもあります。みなさんの一年が今年も良いものでありますように。

データ協力:絵本ナビ
(ウーマンエキサイト編集部)