1. トップ
  2. ネイル
  3. ちゃんと使ってる?ネイルアートでベースコートが果たす役割

ちゃんと使ってる?ネイルアートでベースコートが果たす役割

  • 2016.12.21
  • 8660 views

マニキュアの前に必ず塗らなければならないとされているベースコート。ただ、セルフネイラーさんの中には、面倒だからという理由でこの工程を省いてしまっている方も多いようです。では、そもそもベースコートが必要なのはどうしてなのでしょうか。ここでは、ベースコートが果たす役割について詳しく見ていきたいと思います。

ベースコートって本当に必要なの?

マニキュアアートの基本的な手順は、

ベースコートを塗る

マニキュアを塗る

アートをする

トップコートを塗る

といった感じになっています。ジェルネイルの場合はベースジェルを塗らなければカラージェルが綺麗に定着しませんしあっという間に剥がれてしまいますが、マニキュアの場合、ベースコートを塗らないままマニキュアを塗っても、それなりに綺麗に魅せることはできますし、数日くらいならばそのままの状態を維持することもできます。

では、マニキュアを塗る前にベースコートを塗らなければならないのは、どうしてなのでしょうか。ベースコートにはどのような役割があり、これを塗るとどんないいことがあるのでしょうか。

ベースコートが果たす役割について

ベースコートが果たす役割としてはまず、爪表面のデコボコを埋めてなめらかにする、という点が挙げられます。マニキュアを塗る土台となる爪がデコボコの状態だと、マニキュアが剥がれやすくなったりムラになったりすることがあります。この点、ベースコートを塗っておけば爪表面が滑らかになり、マニキュアが塗りやすくなるのです。

またベースコートには自爪とマニキュアの接着力を高める効果もあるため、カラーリングする前に塗っておくことでアートを長持ちさせる効果も得られます。

さらに爪が弱い人の場合、ベースコートを塗ることで爪を補強することもできます。

普段何気なく使っているベースコートですが、実は色々な役割を担っていたのですね。

爪のタイプ別おすすめベースコート

ベースコートには色々な種類があり、爪のタイプや状態によって使い分けることで、より安全に、より長くネイルアートを楽しむことができます。

●爪の色がくすんでいる人

血色不良などによって爪の色がくすんでしまっている人には、ほんのりピンク色をしたベースコートがおすすめです。淡いピンク色ならばその後に塗るマニキュアの色を邪魔しませんので、ぜひ使ってみてください。

●爪が弱い人

爪が弱い人には、オイルが配合されているベースコートをおすすめします。配合されているオイルの作用によって、ネイルアートによる爪への負担を最小限に抑えられるからです。

●爪が薄い人

爪が薄い人には、ファイバー入りのベースコートをおすすめします。ファイバー入りのベースコートには自爪に厚みを出して補強する作用があるため、ペラペラの爪の人でも安心してネイルアートができるようになります。

Itnail編集部