1. トップ
  2. ネイル
  3. こんなに簡単でいいの?セルフネイルを10倍楽しむ3つの裏技

こんなに簡単でいいの?セルフネイルを10倍楽しむ3つの裏技

  • 2016.12.21
  • 29162 views

セルフネイルは、ちょっとした裏技を知っておくことでデザインの幅が何倍にも広がります。ここでご紹介する裏技は、どこの家にもあるものを使って行うものですので、セルフネイル派の皆様は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

細かいアートはボールペンを使ってお絵かき

自分の爪に細かいアートをするのって、本当に面倒だし大変!

そこでおすすめしたいのが、ボールペンを使った裏技です。やり方(と言えるほどのものでもありませんが…)はいたって簡単!

家にある油性ボールペンや油性マジックで、爪にお絵かきすればOKです。

水性だとにじんでしまいますので、必ず油性ペンを使うようにしましょうね。お絵かきした後はトップコートやトップジェルを塗って仕上げれば、まるでマニキュアやジェルでアートしたかのように本格的なネイルが完成します。

ヘアピンを使って簡単ドットネイルの完成

キレイなドット柄を描くのって、意外と難しいんですよね。細筆を使って描こうとすると、形がいびつになったり、丸の大きさが揃わなかったり…。

そこでおすすめしたいのが、ヘアピンを使ってアートする技法です。

ヘアピンの中には頭皮を傷つけないよう先っちょに丸い玉がついているものがありますが、今回はこの玉がついている部分を使ってドット柄を描いていきます。といってもやり方はすごく簡単で、ヘアピンの玉の部分にマニキュアやジェルをつけ、それを爪に押し当てるようにしてドット柄を描けばOK。

意外とキレイなドット柄が描けますので、ぜひ一度やってみてください。

ストローを使ってアートするスプラッターネイル

ペンキやインクをぶちまけたように見えるPOPネイルデザインのひとつ、「スプラッターネイル」。本来の技法でこのアートをするにはそれなりの技量が必要なのですが、“あるもの”を使うと、ネイル初心者さんでも簡単にアートすることができます。

そしてそのあるものとはズバリ、ストロー。

▼ストローを使ったスプラッターネイルのやり方

①: ベースカラーを塗り、その上にお好みの色のジェル(マニキュアでもOK)をランダムに落とす。

②: ストローを爪に近づけ、思いきり息を吹き付ける。

③: イイ感じの模様になったら硬化させ、トップジェルを塗って仕上げる。

スプラッター柄を描くときは思い切って強めに息を吐くようにすると、ジェルがうまく飛び散ってキレイな仕上がりになります。

Itnail編集部