1. トップ
  2. ファッション
  3. 今年のデニムは明るめがお洒落♡冬のライトブルーデニムコーディネート

今年のデニムは明るめがお洒落♡冬のライトブルーデニムコーディネート

  • 2016.12.14
  • 32842 views

ライトブルーデニムって夏だけのものだと思っていませんか?

出典:

http://wear.jp

undefined

明るいカラーのデニム、なんとなく夏にばかり合わせていますよね。でも、このライトブルーデニム、今年は冬に合わせる人が急増中なんですよ〜。明るいカラーのデニムだからこそスッキリとした着こなしもできちゃいます。そこで今回は、デニムの種類ごとにライトブルーデニムを使ったコーディネートをいくつかご紹介したいと思います。

ワイドパンツ

出典:

http://wear.jp

undefined

まずは今年らしいワイドパンツデニム。スタイルを良く見せようとして濃いカラーを選んでいたりしませんか?もちろん濃いカラーでも素敵に合わせられますが、薄い色味の方が断然今年っぽいスタイルになりますよ。

出典:

http://wear.jp

undefined

例えば、トップスに濃いカラーを持ってこれるという点。濃いカラーのデニムだと、全体的に野暮ったい印象になってしましますよね。でもライトブルーなら可能です!

出典:

http://wear.jp

undefined

ワイドパンツなので、下半身は開き直って明るいカラーにして、トップスを濃いカラーで引き締める方がスタイルも良く見えるんです。ピタッと系のニットも可愛いですし、ゆったりニットでもカラーで引き締めることで印象がグッと変わりますよ。

出典:

http://wear.jp

undefined

トップスはデニムにインしてウエストラインを見せるのも効果的ですね。スッキリとしたトップスを見せることで、全体に自然なメリハリがつきますよ。

ダメージデニム

出典:

http://wear.jp/yukieiura2015

undefined

今年っぽいデニムといえば、ダメージデニム。切りっ放しデニムもいいですよね!色味はやはりライトブルーが夏から人気です。このまま冬もゆったりニットで合わせるととっても可愛いですよ。

出典:

http://wear.jp

undefined

この場合、ホワイトニットでもとっても可愛いく合わせられますよね。意識することは、少し綺麗なアイテムを合わせること。ほんのりミックスコーデにすることで大人っぽいスタイルになります。

出典:

http://wear.jp

undefined

黒で固めるのもオススメですよ。スッキリとした大人カジュアルにまとまるので、好感度も高いスタイルです。シューズはパンプスだとよりいいですね。

出典:

http://wear.jp

undefined

今年トレンドのスタジャンを合わせるのもいいでしょう。簡単にトレンドアイテムとのコラボもできるので、持っていて損はないデニムです。

出典:

http://wear.jp

undefined

スニーカーでもしっくり合わせられますよね。カジュアルすぎないように、ヘアーや上着などで少しきちんとを胃s記してみてください。

ストレートデニム

出典:

http://wear.jp

undefined

スッキリした大人カジュアルにまとめたいなら、ストレートデニムがオススメです。ブルーデニムでなくても、程よいきちんと感がとっても今年らしいバランスですよね。

出典:

http://wear.jp

undefined

黒やベージュとの相性もいいので、コーディネートしやすいアイテムですよ。全体的にスッキリとしたスタイルにまとめられるのでオススメのデニムです。

出典:

http://wear.jp

undefined

ゆったりホワイトニットならこなれ感も出せちゃいますね。アクセントに女性らしいカラーのパンプスを合わせると、今年っぽいスタイルにまとまりますよ。

出典:

http://wear.jp

undefined

今年人気のシャツスタイルも、このデニムなら抜け感が加わって今年っぽいですよね!冬だって重ね着コーデで楽しめそうです。

出典:

http://wear.jp

undefined

冬は黒やネイビーのコートを持っている人も多いでしょう。濃いカラーのアウターを合わせても全体がぽってりしないのが嬉しいですよね!

メリハリトーンが今年っぽい

いかがでしょうか。デニムカラーは薄いブルーが今年らしい色味ですが、合わせるトップスやアウターは濃いめカラーを投入してメリハリトーンを意識しましょう。そうするコーデが今年っぽい印象を高めてくれますよ。ぜひ、試してみてくださいね。