1. トップ
  2. 恋愛
  3. 好きだからこそ不安になる…。結婚するために彼女のとるべき行動とは

好きだからこそ不安になる…。結婚するために彼女のとるべき行動とは

  • 2016.12.12
  • 25555 views

嫉妬してしまうのはなぜ?

好きだからこそ、彼の言動を気にしてしまうことはありませんか。結婚を考えている彼なら、なおさらのことですよね。女性は好きという気持ちが強いと、不安な気持ちにもなりやすいもの。

今回、恋愛ユニバーシティによせられた相談は、「彼の、部下の女性との付き合い方に悩んでいます。」というご相談です。大好きな彼との結婚を真剣に考えている相談者さんだからこそ、彼の行動にヤキモキが収まらないようです!

目次

【相談】彼の部下の女性との付き合い方が不安・・・。

彼と彼の仕事を理解してあげることが大切!

思いやりがあり、居心地の良い女性になる!

彼の結婚観や結婚の意思を聞いてみよう!

【相談】彼の部下の女性との付き合い方が不安・・・

誠実な年上の彼と付き合い始めて1年と少し。結婚を意識した同棲をしています。彼はとても優しくて、私のことを大切にしてくれますので特に不満はありませんでした。

しかし、先月彼が昇進をしてから、少し様子が変わってきました。上司として飲みに行く機会がとても増えてしまったのです。それも、部下の女性とふたりで・・・。彼は、「部下の相談を聞くため」といいますが、女性とふたりきりということが心配です。

彼は、私とのデート中にも、相手の女性とメールでやり取りをしていたようです。以前、彼から「男には下心があるから」と言われたことがあるので、余計に気になってしまいます。彼とは結婚したいと思っているので、あまり大ごとにはしたくないのですが・・・。 私はどのように対応したら良いのでしょうか。(30代前半・女性)

恋愛の悩みに感度の高い恋ユニユーザーから多くの支持を集めていた解答をまとめると次のようなものでした。

彼と彼の仕事を理解してあげることが大切!

相談者さんは、彼が女性とふたりきりでいることをとても不安に思っています。たしかに、「

」ということに対して多くの恋ユニユーザー達が、不満な気持ちに同調していました。

ふたりきり

一方、「男性にとっての仕事上の付き合いはとても重要」、「好きや嫌いのレベルではない」といった厳しくも的確な意見もありました。

本来、彼の昇進は、結婚を考えている相談者さんにとって、喜ぶべきことですよね!今後は部下だけでなく、取引先の女性と食事や飲み会などがある可能性もあるでしょう。そのたびに不安を感じていると、相談者さん自身が疲れ切ってしまうかもしれません。 そもそもなぜ不安なのでしょうか。不安な気持ちは、彼との関係に「自信」がもてていないからなのかもしれません。

彼にとって相談者さんがどのような存在なのか、彼の気持ちをもう一度考え、理解することが大切かもしれませんね。

思いやりがあり、居心地の良い女性になる!

不安や不満があると、つい彼に伝えてしまいたくなりますよね?そして段々と激しい口調で彼を責めてしまう・・・、こういった女性は私を含め多いかと思います。

でも、「彼に小言は絶対にダメ!」とアドバイスする恋ユニユーザーが多数いました。「女性の正当な主張も男性にとってはただの小言」、「彼が行動を変えることはない!」というのです。

恋ユニユーザーによると、相談者さんが、「彼の行動を変えようとする発言は良くない」とのこと。彼には、「女性とふたりきりになるのは嫌」と素直な気持ちを伝え、様子を見ながら、くれぐれも彼を責める発言には気をつけてください。

相談者さんが、彼にとってくつろげる存在になることが大切なのかもしれませんね。

彼の結婚観や結婚の意思を聞いてみよう!

相談者さんは、彼と結婚をしたいと思っています。自分自身の不安な気持ちをなくそうと1人でがんばっても、実際には彼との結婚への近道にはならないかもしれません。ここで重要なのは彼が結婚に対してどのように思っているのか、ということ。恋ユニユーザーも「彼との結婚話はどうなっているのか」ということを気にする人は多く、彼の結婚に対する意識について疑問に思っているようです。

相談者さんは結婚を考えているようですが、彼はまだ決めかねている、といった印象も受けてしまいますね。「同棲していることによって、彼が安心しているのでは?」といった恋ユニユーザーの意見も見られました。彼との結婚を望んでいるのなら、彼に結婚を「意識」させることが重要なのかもしれませんね。

男性は相談され、頼りにされることを好む人は多くいます。女性から求められて悪い気はしない男性がほとんどですよね?しかし、それが他の女性に目を向けることになるか、ということとは直結しないもの。

結婚を意識するなら、女性目線でいるばかりではなく、男性特有の心理をしっかりと理解することが大切かもしれませんね。

この記事は、相談者本人が特定されないため、記事の意図に影響のない範囲で内容を変えています。

(miho / 恋愛ユニバーシティ)