1. トップ
  2. お仕事
  3. さりげないほど効果的! 男がよろこぶ「褒めかた」

さりげないほど効果的! 男がよろこぶ「褒めかた」

  • 2014.11.30
  • 717 views

効果的な褒め言葉は、相手に「自分のことを分かってくれている」と感じさせ、特別な存在になれる可能性も。でも、男性の褒められて嬉しいポイントは女性とは違います。彼がよろこぶポイントを押さえて、あなたへの印象をアップさせる褒め方とは?

■具体的に褒める

褒めようと思ってやみくもに「スゴイ」「カッコイイ」を連発していても、かえって白々しく聞こえて逆効果に。男性を褒めるときは、具体的に何がスゴイか、をちゃんと伝えましょう。

男性はやはり仕事で認められたいと思っているので、仕事の成果を褒めるのも効果的。ルックスや仕草を褒めるときも、ただ「カッコイイ」ではなく「あなたのこんなところがカッコイイ」と褒めると、相手に与える印象も全然違ってきます。

■相手のこだわりを褒める

趣味やファッションなどにこだわりがある男性には、そこをピンポイントで褒めてあげましょう。自分が好きなものに対して褒めてもらうのは、他のことを褒めてもらうよりうれしいものです。

とくに男性は、身につける小物や熱中している趣味など、こだわりが強い傾向が。「それ、すごくセンスいいね」と褒めてあげると、「自分のこだわりを分かってくれる」と、話も弾むかもしれませんよ。

■「自分の言葉」で褒める

褒めるときは、「自分がどう思ったか」ということを意識して言葉を伝えると効果的です。

たとえば、職場が一緒なら、ただ「仕事ができてスゴイ」だけでなく、「○○くんと仕事をしているとすごく勉強になる」と少し言い方を変えるだけで、ぐっと印象に残る褒め言葉に。

さらに、何かうまくいったときに「あなたのおかげ」という言葉をプラスすれば、“男のプライド”をくすぐること間違いなしです。

■褒めるタイミングも大切!

男性を褒めるときには、そのタイミングもポイントです。おすすめしたいテクニックが、わざと“タイミングを外す”こと。

相手が何か気遣いをしてくれたり、素敵な振る舞いがあったりしたときは、少し時間をおいてから「さっきカッコよかったね」と伝えてみましょう。相手に「気付いてくれていたんだ」と思わせると同時に、「ずっと認めてもらっている」という満足感を与えることができます。

タイミング、言葉、シチュエーションなどを上手に選ぶだけで、効果が大きくかわってきます。もちろん、彼だけでなく仕事仲間や上司、クライアントにも使えます。“男のプライド”を上手にくすぐって、効果的に褒めてあげましょう!

(リリーQ)