1. トップ
  2. レシピ
  3. 〈MOEBE〉と〈御菓子丸〉が出会ったら。

〈MOEBE〉と〈御菓子丸〉が出会ったら。

  • 2016.12.11
  • 1538 views

日本と北欧。ともに森林を大事している国で、木をふんだんに使ったものづくりが盛んという共通点や、シンプルやミニマルなデザインを愛するという意味でも何かと趣味が合う。だから北欧家具やインテリアは、日本のライフスタイルにもフィットするのだ。

 

では、北欧の雑貨と和のお菓子はどうだろうか?

答えは、「journal standard Furniture」で催されるポップアップショップに出かけて見てほしい。

デンマークのブランド〈MOEBE(ムーベ)〉と〈御菓子丸〉とのコーディネートが見られる。

 

〈MOEBE〉とは、2014年にふたりの建築家とひとりの家具職人が創業したプロダクトブランド。緻密かつミニマルなデザインを追求しながら新たな機能的価値を見いだしている。

代表作品である「ORGANISE」の日本未発売/journal standard Furniture限定モデルを発売。ブラス板と呼ばれるフタがついたモデルとなっている。

 

BRASS LID S ¥1,600(税抜)、BRASS LID L ¥2,000(税抜) ORGANISE本体 SIZE1 TALL ¥5,000(税抜)、SIZE2 TALL ¥6,000(税抜)、SIZE4 TALL ¥8,000(税抜) 

代表アイテムである「FRAME」 

〈御菓子丸〉は、お菓子創作ユニット〈日菓〉で活動していた杉山早陽子さんが立ち上げた実験的菓子工房。歴史と変化が折り重なったお菓子作りを目指している。

こちらも代表作「鉱物の実」を発売。溶かした寒天に、オーガニックのてんさい糖で甘みを加え、クロモジの小枝を刺している。鉱物にも果物にも見えて、外はサク、中はトロの食感。お菓子だけど、もうすでにアートです。

 

鉱物の実 ¥800(税抜) 

北欧デザインで楽しむ和菓子の時間。こんなコンビネーションもおもしろい。

 

 

◎MOEBE POP UP STORE with OKASHIMARU

2016年12月9日(金)~25日(日)

場所:etc.JOURNAL STANDARD 吉祥寺店、ZAKKA LABO journal standard Furniture なんば店