1. トップ
  2. 恋愛
  3. 寝る前に!内側から輝きたい人がやるべき「内面美人習慣」5つ

寝る前に!内側から輝きたい人がやるべき「内面美人習慣」5つ

  • 2016.12.8
  • 26980 views

内面から美人になって輝きたい!という方も多いのではないでしょうか。そのためには毎日行うことができることを「習慣化」させることが大事です。今回は、寝る前に行える内面美人になれる習慣をご紹介します。

「内面」から輝きたい!

undefined

外見の磨きには、女性なら誰もが興味を持つと思います。そのために、メイクを研究する、美容院に行って自分の似合うヘアスタイルを教わるなど、そういった努力を続けている人も多いと思います。でも、憧れとなるような人は、内面も輝いている人が多いですよね?

内面から輝くと、それは外見にも現れるのです。今回は外見だけではなく「内面も磨きたい!」という方に、内面美人になれる方法をご紹介していきます。

「内面ブス」になりがちな人とは?

undefined

「内面から輝きたい!」と思ってはいても、ついつい「内面ブス」になっていませんか?内面ブスになりがちな人の共通点もご紹介します。

①口が悪い

ついつい口が悪くなっていませんか?無意識に「お前」という言葉を使っていたり。女性が使って「え!?」と思うような言葉はできるだけ使わないようにしましょう。

②言い訳ばかりしている

例えば誰かに指摘された時に「・・・でも!」と、言い訳をよく言っていませんか?時には相手に言われたことを受け入れることも大事です。

③上から目線

何事にも「上から目線」ということ、ありませんか?人にものをお願いするときなんかは特に、「上から物を言っている」なんていうようなことがあれば、すぐにやめましょう。「この人に言っても、上から目線だし嫌だな」と相手に思わせてしまいます。

できるだけ、内面ブスにならないように。
今からお伝えするのは、内面から輝きたい人がやるべき「寝る前に行える習慣」についてです。内面から輝くためには、寝る前に行えることを継続していくことが大事です。

習慣①本を読む

undefined

まずはじめに、寝る前に行える内面磨きは「本を読むこと」です。さまざまな人がいるとは思いますが、「絶対にこうだ!」という風に、考え方をなかなか変えられなかったりする人もいると思います。それは「自分を持っている」という感覚がして、とてもいいことではあるのですが…。でも、ずっとそのままでは、自分を変えられず、損をすることも多いです。

時には「自分の考え方を変える」ということも必要です。そのためには、考え方である“内面”を変えるための本を読みましょう。本のジャンルは何でもいいです。自己啓発本でもよし、小説でもよし。自分が読んでいて心地がいいもの、好きなものを読むようにしましょう。本の中に書いてある、ちょっとした一言が心に刺さることもあるのです。

習慣②憧れの人を思い浮かべる

undefined

あなたがいつも憧れている人をイメージしましょう。そして、「この人のようになりたい!」と願って就寝するのです。毎日これを行うことによって、その人に近づくための行動や、考え方が身につきます。

そして、身に付かせるためには、なぜその人が魅力的だと思うのか、その人のどんなところが憧れるのかを具体的に落とし込むことが大切。憧れの人を思い浮かべることで、毎日頑張れますし、その人に少しずつ近づくことができますよ。

習慣③アロマを焚いて寝る

undefined

アロマは心を落ち着かせてくれたり、リラックスさせてくれる効果があります。だからこそ、お疲れの体におすすめなのがアロマなのです。

無印良品/ブレンドエッセンシャルオイル・ウィンタークリア 10ml 1,499円(税込)

undefined

出典:

@cosmeより

グレープフルーツとパインニードルがブレンドされたアロマオイルです。グレープフルーツには、心配や不安、緊張した気持ちをほぐし、幸福感をもたらす効果があるので、緊張しがちな時に。そして、心を落ち着かせたい時におすすめですよ。

無印良品/ブレンドエッセンシャルオイル・ウィンターフルーツ 10ml 1,499円(税込)

undefined

出典:

@cosmeより

温かみのあるオレンジ、そしてパチュリをブレンドしたアロマオイルです。オレンジは、アロマ初心者の方に特におすすめとされていますが、リフレッシュやリラックス効果が得られるので、気分を前向きにしたい時におすすめ。

夜寝る前、落ち込んで眠る方もいるのではないでしょうか。そういう時に、アロマオイルを使用してみてください。

習慣④日記を書く

undefined

毎日起きた出来事を日記にしてみましょう。嬉しかったこと、悲しかったこと、辛かったことなどを文字にしておくだけで、その日がどういう状態で、どのように乗り越えてきたのか…などといった、「昔の気持ち」を知ることができるのです。

昔の気持ちを知るというのは、すごく大切なことで。数ヶ月後にその当時の日記に書いた気持ちを読み返すことで、「自分成長したな〜」と感じることができるのです。こうやって、考え方の成長を知ることで、内面が輝きますよ。

習慣⑤友人と電話する

undefined

ついつい、落ち込んでしまうような日、ありませんか?その時に、モヤモヤしたまま就寝すると、次の日も心が荒んでいるかもしれません。そういう時は、友人に電話して話を聞いてもらうなどして、心をすっきりさせましょう。こうすることで、モヤモヤした感情を次の日に持ち越さない、内面から輝く人になることができますよ。

undefined

いかがでしたか?ぜひ、試してみてくださいね。