1. トップ
  2. レシピ
  3. 漬けるだけ! 煮ないでできる、かんたん味玉

漬けるだけ! 煮ないでできる、かんたん味玉

  • 2016.12.7
  • 71036 views

ラーメンのトッピングでよく目にする味付きたまご、その名も「味玉」。大好きだという人も多いと思います。トロッとした黄身にまでしっかりと染みわたった味がなんとも言えませんよね。

実はあの味玉、煮ることなしに「漬けるだけ」で簡単にできちゃうんです。今回はお弁当やさまざまな料理のトッピングにも大活躍する味玉の作り方をご紹介します。

■漬けるだけ! かんたん味玉のレシピ

<材料>

・卵 5〜6個

・水 1カップ

・昆布 10cm程度の長さ1枚

☆しょう油 大さじ3

☆めんつゆ(希釈タイプ)大さじ2

☆みりん 大さじ1

<作り方>

1、大きめの深い鍋に水(分量外)をたっぷりと入れて火にかける。

2、小さめの鍋に水を1カップと昆布を入れて予めだしをとっておく(15分程度)。

3、(1)のお湯が沸騰したらたまごをゆっくりと鍋の中に入れ、そのまま沸騰した状態で8分ゆでる。ゆで終えたらそのまますぐに流水にひたし、氷を入れて冷ます。

4、(2)の鍋に☆の調味料をすべていれて軽く混ぜ合わせ、中火にかける。ひと煮立ちしたら火をとめて冷ます。

5、ゆで卵がしっかり冷めていることを確認したら、丁寧に殻をむく。

6、しっかり浸かる程度の深さのある保存容器に卵をならべ、(4)の漬けだれをひたひたになるまで注ぐ。昆布も一緒に半日以上漬け込んだらできあがり。

(卵が浸かっていない箇所は途中転がして全面が浸かるようにする)

■さらにおいしく作るためのワンポイントレシピ

卵はゆで終えたらすぐに流水につけて冷ますことがほど良いとろみの黄身に仕上げるポイントです。

卵が柔らかい状態に仕上がるので、殻をむくときは白身と一緒に剥がしてしまわないように優しく丁寧にむきましょう。

半日でもある程度味は染み込みますが、1日漬けるとより深い味わいになりますよ。

(KMmama)