1. トップ
  2. 恋愛
  3. 連絡先交換率100%! 次につながる“合コン後のメール”必勝術

連絡先交換率100%! 次につながる“合コン後のメール”必勝術

  • 2014.11.26
  • 787 views

連絡先交換率100%! 次につながる“合コン後のメール”必勝術

ドキドキの合コン終了! 帰りの電車で、「はしっこに座ってたあの人、ステキだったな…」なんて思いをめぐらせること、ありますよね。そんなとき、まずとる行動といえば、「メール(最近ではLINE)を送る」こと。今回は、合コンで気になった彼のハートに刺さる“必殺メール術”を紹介しちゃいます。

●合コンで必ず連絡先をゲットする方法

まずは彼の連絡先をゲットしなければ、メールを送ることもできません。そこで、その大前提をクリアするために、合コンで必ず連絡先を交換できる必殺技も紹介しておきましょう。これに関しては、筆者の知人の合コンマスター(20代女子)からすばらしい方法を教えてもらったので、そのままお伝えします。

まずは幹事となった男女が、友人に声をかける時点で「全員の連絡先をまとめて合コン相手と交換する」ことを了承してもらいます。そして合コン終了後、代表者同士がお互いのメンバーの連絡先を交換。それぞれが、相手グループのメンバーに自分たちの連絡先を教えます。そのときのメール文は、「これが女性(男性)メンバー全員の連絡先です。あとは大人同士、各自連絡とるなりなんなりと」といった感じ。

これにより、当事者同士が終了間際にまごまごすることなく、番号を聞かれなかった誰かのプライドを傷つけることもなく、とてもスマートに、かつ絶対に連絡先の交換ができるというワケ。

●また会う口実は“合コン中”に仕込む!

宴も半ばを過ぎれば、いいなと思う相手はだいたい見当がついているはず。そこでやっておきたいのは、また会うための口実を仕込んでおくこと。メールを送る段階になってから、「さて、何を書こう…」「どうやって誘えばいいんだろう」などと考えるのでは遅いのです! 自然に「一緒に○○に行きませんか?」という流れをつくるために、共通の趣味や好きな食べ物、彼の得意分野などの話を引き出しておきましょう。

●気になる“メールを送るタイミング”は?

無事に連絡先をゲットし、誘う口実も仕込み済み。さあメールしよう!というときに頭をよぎるのが、「もしかして、このタイミングは早すぎないか」という不安。がっついているとか、勝手に盛り上がっているとか、勘違いされたくない…などという自尊心や、駆け引きのために時間をおいて送ろうと考えるかもしれませんが、「メールを送る=好意がある」ということ。あなたの気持ちは明白なので、タイミングはあまり気にせず、さっさと送ってしまいましょう。

ただし、酔った勢いで送るのだけはNG。勢いあまってポエムっぽくなってしまったり、そもそも宛先を間違えてしまう恐れもあるので、アルコールはある程度覚ましてからに。

●礼儀正しく、素直な文章を心がける

さて、いよいよメール本文です。まずは「今日はありがとう」「とっても楽しかったです」など、礼儀正しくお礼やあいさつからはじめましょう。

続いて、その人との会話で印象に残ったことや盛り上がった話題を書きます。それによって相手は「オレのこと、ちゃんと覚えてくれてるんだな」と感じてくれるはず。あまり長いと重くなってしまうので、難しく考えずに、「○○さんに勧めてもらった映画(タイトル)、さっそく観てみますね」「○○の話、おもしろかったですね(笑)」のように、一言さらりと入れるくらいで大丈夫。

そしていよいよ、仕込んでおいた話題の出番です。あまり強引にならないように、「一緒に○○に行ってみたい」という想いを書いてみて。

ここでまた駆け引きをしたくなるかもしれませんが、素直に、かつ礼儀正しいのがいちばん。素直な想いを伝えてダメなら諦めもつくし、もちろん成功ならば言うことなし。相手が前向きなレスをしてきたら、今度は具体的な予定の相談を。あまり反応が良くないときは、縁がなかったと割りきって次の恋へ進みましょう!

電話で直接話すわけではないし、まだ始まってもいない恋なのだから、あまり肩肘張らずにトライしてみてくださいね。

<文:小泉なつみ>