1. トップ
  2. ファッション
  3. 濃い目のカラーはNG?ウェディングネイルにぴったりなカラーを見つけよう

濃い目のカラーはNG?ウェディングネイルにぴったりなカラーを見つけよう

  • 2016.11.21
  • 5800 views

できる花嫁さんでありたいなら、ヘアスタイルやドレスだけでなく、指先のおしゃれまでしっかりと気を遣っておきたいもの。ウェディングネイルに使うカラーやデザインは、基本的に自分の好きなカラーやモチーフを選んでもいいのですが、それ以上に「ドレスに合っているか」「結婚式の雰囲気に合っているか」を重視する必要があります。ウェディングネイルによく使われているカラーや人気の高いカラーと同時に、結婚式にはNGとされるカラーについてご紹介します。

濃い目・暗めのカラーを避ける

・ブラックやグレー

・ブラウンやワインレッド

・濃い目のグリーンやブルー

上記のように、ウェディングネイルにおいては、ブラックや濃いブルーなど濃いめや暗めのカラーを避けたいものです。

普段はネイルアートにブラックや濃いブルーなどを使っている人も、ウェディングネイルでは、これらの暗い&濃い目のカラーを使うのは極力避けましょう。

ウェディングドレスが白いことから、ダークカラーは一見合うように見えますが、実際に塗ってみると手元の美しさや明るさなどが損なわれることが多いです。

カラードレスを着る際は、ネイルカラーもカラードレスの色に合わせるのがいいのですが、この場合もあまり濃いカラーを使わないほうが、ドレスの美しさや鮮やかさを損なわずにすみます。

ウェディングネイルで人気のカラー

ウェディングネイルで人気なのは、ホワイトドレスの美しさを邪魔しない淡いカラーや、肌色に近いナチュラルカラーです。

・ホワイト

ホワイトドレスに合わせたホワイト系のウェディングネイルは、ドレスの色を損なわないやさしいデザインが多いです。

また、定番デザインのフレンチネイルにもホワイトが使われます。

それ以外には、フラワーモチーフやグラデーション・レースやフリルなどのアートが人気です。

・ピンク

「女の子らしさ」の象徴といってもいい、季節を問わず使える人気カラーです。

若い花嫁さんには特に人気ですが、いつだってかわいらしい花嫁でいたい女性全般におすすめです。

淡目のピンクを選べば肌馴染みも良く、どんな年代にも馴染む品の良いネイルに仕上がりますよ。

・ベージュ

肌色に近いヌーディーカラーとして、シンプル&ナチュラルなテイストを好む花嫁さんに人気の高いカラーです。

あまり派手さなどにこだわらず、とことんナチュラルにしあげたいときは、さらに肌色に近いカラーを使った「マネキンネイル」もおすすめです。

・ブルー

青色を取り入れることで幸せを招く「サムシングブルー」にちなんで、ウェディングネイルに青色を取り入れるのも人気です。

ホワイトドレスにも合う水色などの淡いブルーを使ったり、アクセントとしてさりげなく入れたりするのもおすすめです。

カラードレスで人気のカラー

お色直しがある場合は、カラードレスに合わせた以下のようなカラーも人気が高いです。

・ブルー

・オレンジ

・パープル

・イエロー

・グリーン

・ピンク・レッド系

ネイルチップにすれば、ホワイトドレスとカラードレスで、お色直しの際に別々のカラー/デザインのネイルに切り替えることも可能です。

普段のネイルとは色の選び方もずいぶん違うウェディングネイル。

しかし同じ色でも、モチーフやデザインで個性を出すことが可能です。

指先までしっかりこだわって、大切な一日をより素敵なものにしてくださいね。

Itnail編集部