1. トップ
  2. ネイル
  3. 和装にぴったりなウェディングネイルとは

和装にぴったりなウェディングネイルとは

  • 2016.11.19
  • 7616 views

日本人らしい白無垢での結婚式は、現在でも人気。しかしインターネットなどで探していても、ウェディングドレスに合ったウェディングネイルと違って、和装ウェディングにぴったりなウェディングネイルの情報はあまり出てこないとお困りの方も多いと思います。和装の場合は基本的に、派手さを抑えたシンプルなネイルがいいといわれています。しかし和装でも、ドレスとはまた違った華やかなウェディングネイルをすることは可能です。

和装でも、ぴったりなウェディングネイル!

結婚式のためのウェディングネイルの選び方の基本は、「当日の衣装に合わせること」。

ドレスならドレスに、和装なら和装に合ったウェディングネイルにすることが大切です。

和装の場合は、白いウェディングドレスとはまた違った雰囲気のネイルをすることができますし、ドレスのほうではなかなか使えないカラーを取り入れることも可能になります。

白無垢に合わせる

同じ白系の衣装でも、ドレスと白無垢では合いやすいネイルデザインも微妙に違ってきます。

白無垢の場合は基本的に、白のウェディングドレスのウェディングネイルデザインと似たようなカラーを使うことになります。

しかしそのデザインは和風アレンジによって、洋装向けのネイルとはずいぶん違った雰囲気になります。

●ホワイト

白無垢にはぴったりなホワイトネイル。

定番フレンチや、グラデーションなどがおすすめです。

フレンチは斜めフレンチなどの変形フレンチも、ばっちり合います。

さし色としてゴールドの刺繍風のラインを入れることで、和風に仕上げるデザインも人気です。

●ナチュラルピンク

淡めのナチュラルピンクやベビーピンクであれば、白無垢とも相性はばっちり。

ワンカラーやグラデーションなどで、上品に仕上げましょう。

●ベージュ

ナチュラルカラーのベージュは、和装との相性もばっちり。

あまりネイルを目立たせずにシンプル・ナチュラルなネイルに抑えたいというときにも、おすすめのネイルカラーです。

ストーンやパールを取り入れて、さりげない華やかさをだすこともできます。

流行のマネキンネイルで、ネイルを塗っているように見えないような、美しい指先を作ることもできます。

●赤

洋装の和装のネイルの大きな違いは、和装であれば赤系を入れやすいことです。

白無垢の場合は、赤は全面的にではなく、アクセントカラーとして入れるのがおすすめです。

基本カラーを白にして、ところどころ赤色を取りいれるといいでしょう。

金箔風のゴールドと組み合わせて、ちょっぴりゴージャスに仕上げることもできます。

和装に合いやすいモチーフ

洋装の定番モチーフはもちろん、和風ならではのモチーフを取り入れることができるのも和装ウェディングネイルの魅力。

ただし和装の場合は大きなネイルパーツを控えて、なるべくシンプルに仕上げるのがおすすめです。

●蝶

指先に止まったような美しい蝶のモチーフ。

立体的な蝶のビジューパーツなども多数ありますので、目立つネイルにしたい場合は試してみましょう。

●鶴

和風のイメージだけでなく、「めでたい」イメージの強い鶴。

着物に描かれているような美しい鶴を、アートで取り入れることもできます。

●花

洋装ウェディングネイルでも定番のフラワーモチーフですが、和装では菊や桜などの和風ならではの花も取り入れて、違った雰囲気にする事が可能。

3Dネイルで立体的に表現して、目立たせることもできます。

いかがでしたか?

和風ネイルについてよく分からない場合は、当日が和装であることを伝えた上で、ネイリストに相談することをおすすめします。

Itnail編集部

元記事を読む