1. トップ
  2. ファッション
  3. やっぱりファッションが好きで仕事にしました。プチプラでつくるお仕事スタイル術

やっぱりファッションが好きで仕事にしました。プチプラでつくるお仕事スタイル術

  • 2016.11.18
  • 20669 views
undefined

SIGNガール世代のリアルとオシャレをお届けする「SIGNガールのおしゃれの幅」。11月のピックアップガールは、最近自分でWEBストア「In carry B」をオープンさせたばかりの小林彩夏ちゃん(26歳)。

これから4回に渡って、

1.お仕事編

2.女子会編

3.彼とお出かけ編

4.彼とお家デート編

の4つのコーデと彼女のライフスタイルに迫ります!

【1.お仕事服】“カチっと”したところを入れるのがポイント

undefined

【コーデ解説】お仕事用の服は自分への“気合い入れ”も込めて、カチッと感を入れるのがルール。今回はECLIN(エクラン)の襟付きのニットをメインにコーディネート。キャスケット、バッグ、シューズの小物類をブラックで揃えて全体の統一感出しているのもポイント。キャスケット(CA4LA)、襟付きニット(ECLIN)デニム(GAP)、バッグ(GYDA)、ショートブーツ(Dazzlin)。

今、具体的にはどんなお仕事ライフを送っているの?

「In carry B」をオープンさせたばかりで、基本的には商品の企画やブランドに関する打合せが多いですね。あとはトレンドをリサーチしたり。

トレンドのリサーチはどのようにして?

街にも出ますが、本屋さんにもよく行きますね。恵比寿アトレか目黒アトレに入っている有隣堂が多いかな。アクセスが良いのと、わりかし大きい本屋さんなので。

undefined

襟付きニットは色を落ち着かせることによって、より仕事モードに。清潔感のあるトップスに合わせて耳にはパールデザインのピアスを。

チェックする雑誌は?

最近だと『mina(ミーナ)』や『ar(アール)』が多いかも。それと『GLTTER(グリッター)』も見ますね。あと、サーフ系のおしゃれ情報が載ってる『HONEY(ハニー)』。それと、『GOSSIPS(ゴシップス)』で海外セレブが着ているものもチェックしています。トレンドのアイテムやブランド、どういうコーデをしているのか?を主に見るようにしています。

実はこれまでアイドルをやったり、ブロガーをやったり、モデルをやったり…と、色んな仕事をやってきたのですが、その間、自分の中に“ファッションが好き”というのがずっとあって。

ファッションを仕事にするとしたら?を真剣に考えたんですね。それで、とりあえず“洋服を作る”ことかなと、ざっくり目星をつけて、まずバンタンデザイン研究所のデザインを学ぶコースを半年受けたんです。去年の10月ぐらいからですね。

undefined

仕事柄トレンドをお仕事服に入れるのはマスト。バッグにつけたファーは別売りのものをわざわざ付けたもの。ファーは冬にしか使えないトレンドだからこそ、シンプルバッグをおしゃれに見せるポイントに。

最初はファッションで何をしたいか漠然としていたんですけど、色々学んで行くうちに、作るだけじゃなくて自分が好きな物や良いと思ったものを誰かに届けたいな、という気持ちも出てきて。最終的に自分のお店を持ちたいな…という風にやりたいことが固まっていったんです。

undefined

全体のバランス感にも強いこだわりが。ショートブーツにデニムをロールアップさせると、スタイルアップ効果抜群!

そのあと、自分のお店をつくるならアイテムの見せ方も大切になってくるので、コーディネートの勉強もしないと!と思って、バンタンでスタイリストの勉強をもう半年しました。同時進行で、自分のショップの準備を始めて、9月ぐらいに「In carry B」をオープンしました。

まだオープンしたばかりなんですね。始めてみてどうですか?

そうですね。本当にまだオープンしたばかりなので手さぐりな感じです(笑)。まだまだやりたいことが追いついていない状態ですが、少しずつ理想に近づけていきたいと思ってます!

次回「2.女子会編」へ続く