1. トップ
  2. 恋愛
  3. ロミオメールが送られてきた際の対処法

ロミオメールが送られてきた際の対処法

  • 2014.11.24
  • 648 views

「ロミオメール」という言葉をご存知でしょうか? 男性が送る、重い内容のメールを指します。特徴的なのは、ポエム調だったり、最近の言葉でたとえるなら「厨二病」っぽい文面! 一般的には、女性のほうが重いメールを送りがちと言われていますが、その逆バージョンも存在するようです。

■対応を誤るとストーカー行為に発展する場合も……

ロミオメールは主に、女性側は別れたいが、男性側は別れたくないというシチュエーションにおいて登場します。一歩間違えると面倒な騒ぎにもなりかねないので、慎重に対処したいものですね。相手の性格や状況によっても対応は変わってきますが、代表的な「返し」をいくつかご紹介しましょう。

■無視する

「返し」と書きましたが、「返さない」のがシンプルイズベストです。「返さない返し」ということになりますね。内容が何であろうと、返信をする時点で、彼はあなたの「存在」を実感することになります。

存在しているものに対して、執着が湧くのは当然のこと。返信しないことで、存在感を消し、「打っても響かない太鼓を打ち続けても意味がないですよ」という事実を、身を持って知ってもらいましょう。

■「これってもしかしてロミオメール?」

幸い、「ロミオメール」という言葉は、まだそれほど世の中に浸透していません。「キミはボクの太陽だ、キミを失ったらボクの人生は暗黒の闇に包まれてしまう」などの文面に対して、クール&ドライに「これってロミオメールだよね?」とクエスチョンマークで返しましょう。

「縁を切りたいのにクエスチョンマークで返すと、メールラリーが続き逆効果では?」と思うかもしれませんが、素朴な疑問として投げかけることで、「ロミオメールって何だ?」と、相手男性を冷静にさせることができます。

■ジュリエットメールで応戦

ジュリエットメールとは、恋愛にどっぷり嵌った女性が送る重いメールのことですが、ここではポエム要素・厨二病要素だけチョイスして、そこに別れる意志を盛り込みましょう。「私という太陽を失っても、月の光があなたを輝かせてくれるでしょう」など、相手のさらに上をいくテンションを貫く姿勢が大事です。

ここでご紹介したのは、初歩段階での対処法です。状況が深刻化していると感じたら、ストーカー行為に繋がるケースもありますので、第三者を挟むなど、自分の身を守る策を考えましょう。

(菊池 美佳子)