1. トップ
  2. ダイエット
  3. 「ホットヨガ」って、本当にカラダにいいの?メリット・デメリット解説

「ホットヨガ」って、本当にカラダにいいの?メリット・デメリット解説

  • 2016.11.10
  • 16590 views

ヨガといえばカラダにいいイメージ。

街を歩いていてもヨガマットを持ち歩きながら電車に乗っている女性をみると、まさに自分磨きをしているように見えて、なんだかカッコいい。そろそろヨガを始めてみようかな、と考えている人も意外と多いのでは?そこで今回は「ホットヨガ」のメリット・デメリットについてご紹介します。

通常のヨガとの違いは?

ホットヨガは通常のヨガとは大きく異なります。

ホットヨガの場合はヨガを行う部屋の設定温度が管理されていて、温度は35~40度程度、湿度は50~65%程度と厳密に決められているのです。

通常よりも温度や湿度が高い環境の中、ヨガを行うため、汗もかきやすくなり、デトックス効果にも期待できるといわれています。また、スポーツジムとは違って、インナーマッスルを鍛えることができ、スマートな身体を目指すこともできます。

ホットヨガ=身体にいいというイメージが強いですが、他の運動やダイエット法と同じく、メリットもデメリットもあります。今の状態で本当に始めるべきかどうかもよく検討していきましょう。ホットヨガのメリット

①身体が温まる

ホットヨガは通常のヨガよりもデトックス効果が高く、汗をかく分、新陳代謝も上がります。

つまり、日頃から冷え症で悩んでいる方にとっては、まさにおすすめのヨガなのです。身体の冷えが少しでも改善できれば、慢性的な肩コリや頭痛ともサヨナラできるかも…。

②生理不順をサポート

生理不順も身体の冷えやストレスによって生じている不調です。
ホットヨガを続けていくうちに、身体の冷えも少しずつよくなり、生理周期も安定してくる可能性があります。

③美肌もゲットできるかも!?

新陳代謝が高まり、デトックスが定期的に行われれば、身体だけではなくお肌の調子も上がってくるでしょう。いつまでも透明感あるお肌でいたいなら、ホットヨガで体内から毒素を排出していけば、美肌も目指せるかもしれませんね。ホットヨガのデメリット

①資格がなくても開業できる

ホットヨガのインストラクターは特別な資格が要りません。

つまり誰でも簡単になれるのです。ホットヨガの代表格ともいわれているヨガスタジオ「LAVA」のように、しっかりとした体制が整っていて、人材育成にも力を入れている場合は問題ありませんが、個人で開いているヨガ教室に通うなら、インストラクターに腕があるのかどうか、よく見極めましょう。

②脱水症・熱中症になりやすい

通常のヨガとはまったく違う環境で行うため、大量の汗をかきます。
元々身体が弱く、夏の暑さだけでも熱中症になりやすい人にとっては、あまり向いていないかも…。

もちろんヨガを行っている間は水分補給や汗を拭く時間も設けられていますが、それでも体力に自信がない場合は、通常のヨガもしくはスポーツジムにしておいたほうが安全でしょう。

ホットヨガブームとはいえ、全員に適しているとは限りません。
どんなことにも得手不得手はあります。ホットヨガに関しても、メリットとデメリットをよく比較してから、チャレンジしましょう!