1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「もう終わりかな…」彼が別れを決心する遠距離恋愛中のNG行動

「もう終わりかな…」彼が別れを決心する遠距離恋愛中のNG行動

  • 2016.11.8
  • 72453 views

好きな人には毎日会いたい!と思うものですが、遠距離恋愛だと会いたいときに会うことができません。

遠距離恋愛は続きにくいと言われますが、長年の交際を実らせて結婚に至るカップルもいますよね。長続きするカップルと、長続きしないカップルの違いはどこにあるのでしょうか。

今回は、元女探偵の筆者が「遠距離恋愛中にこれをやると別れが近づくNG行動」について解説します。

住んでいる距離が遠距離じゃなくても、忙してなかなか会えない彼との関係にも使えるテクニックなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

undefined

出典:http://www.shutterstock.com/

 

泣く

遠距離で会えない日が続くと、泣いて「辛い……」と訴えたくなることもあるでしょう。

男性は大事な人の期待に応えたいと考える生き物。しかし、遠距離だとすぐに飛んでいって抱きしめることも慰めることもできません。そのため、遠距離で泣かれるとどうしようもないので困ってしまうのです。

一度や二度なら仕方ないですが、泣くことがパターン化してしまうと彼も疲れてきてしまいます。自分には彼女を幸せにできない、という絶望感が別れの引き金になるので要注意です。

 

我慢して「会いたい」と言わない

恋愛本をみると「彼の前ではいい女でいましょう」「会いたいと言わないで彼に言わせましょう」などのテクニックが載っています。しかし、遠距離恋愛で我慢しすぎるのは崩壊のもと。

会いたいとはっきり言わなければ、男性は鈍いので「彼女は会いたい気持ちを我慢している健気な子だ」とは思いません。

むしろ「彼女は会わなくても平気なんだな」と思ってしまいます。会いたいときは会いたいと言えるくらいのほうが彼も「カワイイなあ」「俺は必要とされるんだなあ」と思ってくれますよ。

 

次回会う日をきっちり決める

遠距離になるということは、少なくともどちらかは新しい環境に飛び込んでいる状況。慣れない仕事や勉強などで、恋愛に対してそれほど時間も気力も割けない展開になることは多いでしょう。

一方で、これまでと同じ環境にいるほうは不安な気持ちでいっぱいになります。

ここで破局が近づくのは「次のデートの日が読めないから決められない」という状況。それが少し先の日にちであっても、日程がきちんと決まっていればその日まで我慢しやすいもの。無理してでも、次のデートの日を決めておくのが遠距離恋愛を破局させないポイントです。

 

【画像】

※ Shutterstock / YuliaKitsune