1. トップ
  2. グルメ
  3. 肉汁たっぷり!カフェ感覚で本格小龍包が楽しめる。台湾の「金品茶語」

肉汁たっぷり!カフェ感覚で本格小龍包が楽しめる。台湾の「金品茶語」

  • 2016.11.4
  • 1865 views

38年前から台北で、製茶専門店として営んできた「金品茗茶」が、カフェレストラン「金品茶語(キンピンチャユ)」としてオープン。ポップな色使いのおしゃれな空間で、人気喫茶店だからこそのおいしいお茶と一緒に手軽に飲茶を楽しめるとあって、地元の学生にも人気。お得なセットもあるので、ショッピングや観光の途中に立ち寄ってみてはいかがですか?

一度に3種類の小龍包が味わえるセットメニューがイチオシ

お店のイチオシ「CLASSICセット」(360元)は、小さな中華パイと3種類の小龍包、麺類にドリンクがつくお得なセットメニュー。店自慢の小龍包は、薄皮に包まれた肉汁たっぷりのスタンダード小龍包のほか、シャキシャキした食感が新鮮なへちま入り小龍包(絲瓜小包)や、かに味噌入り小龍包(蟹黃湯包)、あずきあん入り小龍包(豆沙小包)などのオリジナルもあります。

麺は、ピリ辛醤油味牛肉麺(紅焼牛肉麺)。お店のメインでもある中国茶は、110元以下から選べて、貴妃美人茶や厳選高山烏龍茶、カモミール高山烏龍茶(洋甘菊高山烏龍茶)など、オリジナルブレンドもセットで楽しめます。

アイス、かき氷、タピオカが入ってボリュームたっぷりの「茶雪芙」

ショッピングや散策の途中でちょっと休みたい時には、「茶雪芙」(250元)がオススメ。発酵度の高い烏龍茶を凍らせたかき氷に、ミルクと茶葉のシロップがたっぷりかかっています。その上には、大きな烏龍茶のアイスクリームが。日本ではなかなかお目にかかれない烏龍茶のかき氷は、さっぱりした味わいなので、大きくてもどんどん食べられますよ。

豊富な中国茶のお土産に目移りしそう

ほかにも、台湾の代名詞ともいえるタピオカ入りミルクティーもぜひ試したいメニューです。もちもちした食感の香り高い黒糖タピオカがたっぷり入ったミルクティーは格別。また、ドリンクで一番人気の「紅茶風味烏龍ミルクティー(タピオカ入り)」は、特級烏龍茶を使った特別なもので、ミルクティーにタピオカをトッピングしたもの。「金品茶語」に来たら一度は飲みたいティーです。

店内は明るくモダンにまとめられ、カジュアルレストランのような雰囲気。インテリアのそこかしこに、ティーポットをあしらったかわいらしいアイテムがあるので、ぜひ店内で探してみるのも楽しいですね。

1Fではカフェで提供しているものと同じ茶葉や、自宅でも中国茶を楽しめる茶器を買うこともできるので、お土産探しにも最適。ショッピングや観光で歩き疲れたら、小龍包とお茶でひと息ついてみてはいかがですか?