1. トップ
  2. 恋愛
  3. 会話が止まってギクシャクしているときの救世主な話題8つ【前編】

会話が止まってギクシャクしているときの救世主な話題8つ【前編】

  • 2014.11.18
  • 230 views

憧れの彼とふたりでいるときに、会話が途中で途切れてしまって気まずい雰囲気になったことがあるという人は少なくないはず。沈黙の状態が長引けば長引くほど、次の話題を切り出しにくくなりますよね。

ギクシャクした雰囲気にさせないためには、いくつもの話題を持っておくことが大切です。彼を飽きさせず、「一緒にいて楽しい子だな」と思わせることもできるので、話題を用意しておくことで一石二鳥になりますよ。今回は、沈黙から脱出するために有効な話題をピックアップしてみました!

■1.学生時代の話

学生時代の話は、誰もが盛り上がれる話題。どんな部活に入っていたかや、何の教科が好きだったか、修学旅行先など、いろいろな話に膨らんでいくと思います。年齢や学校が違っても、共通している部分があればそこから話は盛り上がっていくでしょう。

■2.出身地の話

出身地の話題は、地元の仲間はもちろん、出身地が違う人にも使える話題です。地域によって方言が違っていたり、風習や特色などが異なっている傾向がありますよね。「どこの出身?」と質問すればそこから話が広がり、お互いが生きてきた環境を確認し合うことができますよ。

■3.恋愛話

彼との関係が良好なら、恋愛話も盛り上がりやすいでしょう。お互いのことをよく知るきっかけになりますし、過去にどんな恋愛をしてきたかを把握することもできます。ただ、全く恋愛対象に見られていない人とだと、「恋愛依存体質なのかな」と思われてしまう可能性もあります。恋愛話だけになってしまわないように、他の話題も振るように心がけておきましょう。

■4.兄弟の話

意外と盛り上がるのが兄弟の話。兄弟の有無をチェックすることで、彼の性質も見えてくることもあるでしょう。長男ならしっかり者、1番下なら甘えん坊な性質があるなど、表面上では分からないところも把握できるきっかけになりますよ。会話の流れとしては、彼に兄がいると言えば「いいなー。私もお兄ちゃん欲しかったー。私は妹がいて…」などと話を膨らませられるように心がけてみてくださいね!

引き続き後編でも、話題に困った時に使える有効な話題を4つ紹介しています。男性だけでなく、同性や上司などにも使えるものもあると思います。ギクシャクした関係に潤いを与えたいとき、人間関係を築きたいときに使うためにも、次回もぜひチェックしてみてくださいね!

(RUREI)