1. トップ
  2. 恋愛
  3. 人間関係が”劇的”に変わる!誰とでも「円滑になる」方法とは?

人間関係が”劇的”に変わる!誰とでも「円滑になる」方法とは?

  • 2016.10.23
  • 5779 views

友人関係も恋人との関係も、「聞く力」の高い人ほどうまくいくと言っても過言ではないことでしょう。
相手に気持ちよく話をさせてあげることのできる人は、結果として円滑に物事を動かすことができるのです。
そんな「聞き上手」になるには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか。

多岐にわたりアンテナを張っておく

「聞き上手」とは、単に、「話を聞くのがうまい」という意味ではありません。
話題を広げる、気持ちよく話をさせるのがうまいのです。
従って、黙って話を聞いているだけなんてもってのほか!!

銀座のホステスさんは新聞を読むのを欠かさないと言いますよね?
話を広げるためには、様々な話題における基本的な知識が必要なのです。

「相槌」のバリエーションを増やす

いつも同じ相槌ばかりを打ってはいませんか?
それでは、「話を聞いていない」と思われてしまっても仕方がありません。
最低限マスターしたい相槌はこの4種類。

共感する相槌

ex)「確かに」「その通り」「それです」

誉める、持ち上げる相槌

ex)「さすがです」「すごい!」「へ~!!(感動や驚きを込める)」

興味を示す相槌

ex)「それはどういうことですか?」「詳しく教えてください」「つまり○○ということですか?」「それでどうなったんですか?」

話の腰を折らずにいったん挟む相槌

ex)「そうなんですね!」「なるほど」「ほほう」

聞く姿勢は前のめり

相手の話に興味があるように見せたいときは、なるべく体勢を前に倒すようにして!
腕を組む・背もたれに背をつけるのはご法度です!!

「聞く」というと、単純に話の腰を折らず最後まで聞き遂げれば良いと思ってしまいがち。
だけど大事なことは何よりも、相手に「興味を示す」「気持ちよく話をさせてあげる」ことなのです。
人間関係が大きく変わります!ぜひ、活用してみてください。