1. トップ
  2. ファッション
  3. 失敗しない“いい時計”選びにはコツがある。

失敗しない“いい時計”選びにはコツがある。

  • 2016.10.22
  • 19320 views

そろそろいい時計が欲しい、とはアラサー女子に会うとよく聞く言葉。

もともと時計担当をしていたこともあって、周囲の人々から何を買えばいいのかと聞かれることも多いのですが、その時に私が相手に訪尋ねることがあります。

それは、予算とイメージ。

どんな雰囲気になりたいのか、どう見せたいのか。もっといえば、その時計を身につけて、どんな女性になりたいのか。

いい時計には、それぞれ持ち味というか主張があるものだから、身につけるだけで雰囲気を出す力があるんです。カルティエのタンクをしていれば知性とエレガンスが感じられるし、ロレックスのオイスターのボーイズをしていればスタンダードの中にもカジュアル感やボーイッシュなムードが漂う。逆に上品な華やかさを演出したいならピアジェの小ぶりでクラシカルな時計もいい、もちろんダイヤモンドつきで。そんな風に、とても小さいアイテムにも関わらず、ムードを与えてくれるものだから、選ぶのは楽しいけれども、なかなか選べなくもなるんですよね。お値段も清水レベルだし。

そんな中、時計というものを、もっと手軽に楽しむならアンティークもいいなと思わせてくれるお店ができたので、ご紹介します。

六本木ヒルズ内にリニューアルオープンしたユナイテッドアローズのメンズコーナーは、女子が見ても楽しいこと請け合いです。靴や傘といったメンズのこだわり小物に並んで、アンティーク時計コーナーができたんです。ここが、すごい。

まるで博物館みたいにガラスケースの中には時計がずらり。メンズが多いのですが、女性ものも結構たくさん。めったにお目にかかれないスペシャルカラーのものも並んでいます。

一期一会で、ここでしか出会えないものばかり。

しかもお値段も手が届くものも見つかるかも。意外なものが手頃な価格になっていたりして、新品とは違う選ぶ楽しみがあります。

アンティークやビンテージというと、中身は大丈夫なのか気になりますが、機械式ならば中はメンテナンスさえきちんとしてあれば、何世代も使える一生もの。アローズのような信頼感のあるお店なら安心です。

しっかり作られているから、50年前のものでも味が出るんですよね。そんな本格的なアナログ時計を存分に楽しめるお店です。博物館巡り感覚で、まずいって見て⁈ (副編ナカディ)

の記事をもっとみる