1. トップ
  2. ダイエット
  3. 睡眠中に自然と痩せる楽ちんダイエット法、加齢に負けない育乳テクなど今週注目の話題

睡眠中に自然と痩せる楽ちんダイエット法、加齢に負けない育乳テクなど今週注目の話題

  • 2016.9.18
  • 20873 views

今週(2016.9.10~2016.9.16)お届けした話題の中から特に反響の大きかった話題を紹介☆ 2週間実践するだけで効果を発揮する『睡眠中に自然と痩せるダイエット法』や、『加齢に負けない育乳テク』など、週末のひととき一気にまとめてチェックしておきましょう。

|お茶を飲むだけ。睡眠中に自然と痩せる楽ちんダイエット法

美 容やダイエットのためにデトックス効果の高いお茶を日頃から飲むことを心がけている方は多いと思います。海外では“ティートックス”と呼ばれ、すでに定番 の美容法となっていますが、先ごろイギリスのVOGUE誌にも掲載され一躍話題になっているのが、デトックスティーの14日間コンボセットです。

「たった2週間続けるだけで、睡眠中に自然と痩せられる」と評判を呼ぶこのアイテムは、その実践しやすさと高い効果で“コンボティートックス”とも呼ばれています。

寝起きや日中に飲む「デイタイムデトックス(昼用)」は、高い脂肪燃焼効果とダイエット効果を持つ烏龍茶をベースに、クレンズ効果を持つハーブ類を合わせた お茶。成分は烏龍茶の他、消化を助ける生姜やカルダモン、肝臓と血流を浄化するネトル(イラクサ)やマリアアザミなどです。またレモングラスとオレンジ ピールの柑橘系の爽やかな味わいで気分もリフレッシュできます。

そして就寝前に飲む「ベッドタイムデトックス(夜用)」はビタミン類も豊 富に含んだルイボスティーをベースに、クレンズ効果とリラックス効果をを持つハーブ 類を合わせたお茶。成分はルイボスティーの他、カモミールやパッションフラワーといった安眠に導いてくれるハーブ、デトックス効果の高いアニス、センナ、 フェヌグリークなどが含まれています。

この美腸効果の高い2種類のお茶を14日間飲み続けることで、カラダの消化システムは確実にきれいになり、ダイエットと効果やフィットネス効果を高めてくれるそうです。美しい腸内環境になれば、脂肪燃焼や減量が促され自然と痩せ体質が叶いますし、何より身体の内側から若返えったような気分までも味わえるはず。ぜひお茶の持つ美容パワーで健康的なダイエットを実現させましょう。

|加齢に負けない!3つの育乳テクを日々の美習慣に

20 代後半からバストも老化する、そして30代前半になると「垂れてきたかな…」と徐々に自覚するようになると言われています。だからこそ、“老け胸”を解消 するためのバストケアを早い段階でスタートするのが大切です。でもいろんなバストケアの方法をみなさんもご存知だと思いますが、実際毎日続けるのは大変と いう声も少なくありません。

そこで“老け胸”を解消するためにオススメの簡単バストケア習慣を3つ紹介します。

(1)食生活を見直す

女性らしいバストラインをキープする上で大切なのが「女性ホルモン」。そして女性ホルモンの中でもバストアップの作用をもたらすのがエストロゲンです。ホル モンバランスを整えるためにはバランスの良い食生活が鍵となりますが、中でも大豆イソフラボンは特に摂取したい成分。豆腐・納豆・豆乳など大豆食品を普段 の食生活に取り入れるようにしましょう。

また、生キャベツにもエストロゲンを増やす成分が含まれています。ただ加熱をしてしまうと効果がなくなってしまうので、バストケアのためには生で食べるようにしましょう。

(2)自分に合った下着を身につける

合わないブラをつけ続けると、本来バストにあるべき脂肪が背中や脇に流れて胸が垂れる原因の1つになります。自分では合っていると思っていても、実はそのサイズは違うなんてこともあるので、心配な方はいま一度お店でスタッフの方に正確に測ってもらいましょう。

また、運動をする時はスポーツブラを身につけるとバストの形を崩す心配も軽減されますし、就寝時はバストを保持する機能に特化したナイトブラの着用するのもオススメです。

(3)バスト用美容液でマッサージ

マッサージのタイミングは、体の温まっている入浴時か入浴後がオススメ。腰やお腹、背中などにある脂肪を力一杯バストに向けて圧し上げてください。「下から上」の流れを意識しましょう。またマッサージにはバスト用の美容液やクリームを使用するとモッチリ柔らかな仕上りになるので、より効果を感じられるはずです。

仕事や家事、育児など忙しさからつい自分自身のボディケアを後回しにしてしまいがちですが、やはり美しいバストラインのキープのためには日々続けることが大事。まずは3つの簡単習慣をぜひデイリーケアに取り入れてみてくださいね。

|季節の変わり目こそ、自覚のない“冷え対策”が大切です

季節の変わり目、特に夏から秋にかけては自覚がなくても実は身体が冷えた状態の“隠れ冷え”という方は少なくありません。“冷え”はホルモンバランスを崩したり、肩の違和感や腰の痛み、肌荒れや不妊の原因にもなり得るなど女性の大敵です。

そこで“冷え”に効く簡単ヨガポーズ「ジャーヌシールシャアーサナ」で、ポカポカ代謝のいい体に導きましょう!

(1)背筋を伸ばした状態で両脚を伸ばして座る

(2)あぐらをかくようなイメージで、片脚をカラダに引き寄せる

(3)そのまま前屈をし、腹式呼吸をしながら3呼吸以上キープする

※左右、それぞれ行います

ちなみに背中が丸まって猫背になっている状態での前屈は効果を発揮しませんので、(3)のとき背中がまっすぐ伸びている状態で前屈するよう注意してくださいね。