超重要!メイク初心者がおさえておくべき「コンシーラーの選び方」

undefined

メイク道具を揃えるときに1本は持っておきたいのがコンシーラー。でも、リキッドタイプやスティックタイプなど、形もいろいろあって、イマイチ選び方が分からない・・・という方も多いアイテムです。今回は、メイク初心者でもわかりやすい「コンシーラーの選び方」をご紹介します!

■コンシーラーの役割

undefined

出典:

instagram @yuririn_monroe619

コンシーラーとは、肌のトラブルをカバーするために部分的に使うファンデーションのことです。ファンデーションだけでは隠し切れないシミやそばかす、目の下のクマなどのトラブルを修正して、肌をきれいにみせてくれます。コンシーラーには、リキッド、スティック、クリームなどのタイプがあり、色も、カバー力も違います。自分の肌の色やトラブルの種類によって、選ぶコンシーラーもまた変わってくるのです。

■コンシーラーの失敗しない選び方

undefined

出典:

instagram @r7_rabbit

コンシーラーを選ぶ前に、まずは自分の肌の悩みやカバーしたいポイントを把握しておくことが大事です。例えば、ニキビの跡やそばかすなど、ピンポイントで修正したいときには、ペンシルタイプのコンシーラーが便利。小さい肌トラブルの修正に適しています。逆に、大きなシミを消したいときにはクリームタイプのコンシーラーがおすすめ。固めのクリームのような感触のコンシーラーは、カバー力抜群です。

不健康な顔色に見えてしまう目元のクマにはリキッドタイプ。薄付きなので、目元などよく動く部分でもよれにくいですよ。肌の悩みに応じたコンシーラーを選ぶと、失敗しにくく、カバー力もメイクのもちも安心です。

■コンシーラーは色選びも大事!

そして、色選びもコンシーラー選びの大切なポイント。様々な色のコンシーラーがありますが、間違った色を選ぶと、修正した部分が色浮きしたりしてかえって目立ってしまいます。基本は、自分が使っているファンデーションと同じ色、つまり、自分の肌の色と同じものを選ぶことです。

ちょっとしたテクニックとしては、目の下のクマにはオレンジ系の色味のコンシーラーがおすすめ。指ではなくスポンジで馴染ませると、自然にクマが修正できます。

■コンシーラーの付け方

コンシーラーの付け方もタイプによって変わります。ペンシルタイプは、塗りつぶすよりも叩くイメージで気になる部分を修正しましょう。もし色浮きが気になるなら、塗った後に軽く指で馴染ませるといいですよ。クリームタイプは隠す部分よりも広い範囲を塗ります。

付属の筆、またはスポンジでコンシーラーを塗ったら、指を使って周りの肌と馴染ませましょう。リキッドタイプは修正したい肌のお悩み部分に直接コンシーラーを付けて、スポンジを使ってぼかします。

■コンシーラーを使いこなそう!

コンシーラーを上手に使えば、ファンデーションを厚塗する必要もなし。気になる部分をしっかり修正して、かつ自然なメイクを目指すなら、自分の肌の悩みに応じたコンシーラーを選んでくださいね。(Laule’a_hiro/ライター)

(ハウコレ編集部)

元記事を読む
提供元: ハウコレの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。