その猫背が原因かも?気になる「ぽっこり下腹を引き締める」秘訣とは

痩せているのに、下腹のぽっこり出ているのが目立っている方、いらっしゃいますよね。

ぽっこり下腹を凹ませるには、下腹に効くエクササイズだけでなく、下腹の筋肉がゆるくなる原因の“姿勢”にアプローチするのが大切なのです。

そこで今回はヨガインストラクターの筆者が、下腹を引き締める秘訣をご紹介します。

 

■まずは自分の姿勢を知ろう!

ぽっこり下腹に悩んでいる方の共通点は、姿勢が悪いこと。

猫背だったり胸を張りすぎて立つために腰が反っていたり、どちらもお腹の力がゆるんでしまう怠け姿勢。まずは自分の姿勢の癖をチェックしましょう。

(1)仰向けに寝て、脚を伸ばします。腰が痛く、脚を伸ばすのが難しい場合ははひざを曲げてもOK。

(2)片手を背中と腰の間あたりに入れてみましょう。

隙間に手が余裕で入ったら、反り腰によってお腹の筋肉がゆるんでいる状態。

腰のあたりは浮かないけれど、肩周りや背中の上部が丸まって肩がうまく床につかない場合は、猫背によってお腹の筋肉がゆるんでいる状態です。

 

■姿勢を変えて下腹を引き締めよう

姿勢の癖がわかったら、正しい姿勢を身につけるためのエクササイズをしましょう。

正しい姿勢をすれば自然と下腹に力が入ります。そのために一番大切なポイントは、“胸の位置を正しい位置に収めること”。

(1)ひざを曲げて仰向けに寝ます。先ほどのように、自分の身体のどのあたりが浮いていて隙間になっているかチェックします。

(2)浮いている背中を床に押し付けるようにしていきましょう。

(3)みぞおちと下腹部のラインがまっすぐになるように意識します。

(4)その状態をキープしたまま両足を伸ばしていきましょう。

両足を伸ばすと先ほどチェックした部分に再び隙間ができてくるので、それらを防ぐように背中をしっかり床に押し付けましょう。

 

■正しくできているかチェック!

下記4項目をチェックして、全ての項目がクリアできる場所を探しましょう。

(1)背中をマットに押し付けて、背中と腰の間の隙間がなくなっているかどうか

(2)それによってみぞおち周りが硬くなっているかどうか

(3)下腹を押してみて、お腹の奥が硬くなっているかどうか

(4)みぞおちから下腹までまっすぐのラインになっているかどうか

上記の項目がクリアできると、下腹の筋肉を刺激することができます。胸の位置を徹底的に体に叩き込み、立っている姿勢でもキープできるようにしましょう。

 

いかがでしたか? 普段の姿勢のせいで筋肉が固まっていたり体が凝ってしまっているので最初は難しいですが、毎日コツコツと体に叩き込みましょう。

自然とできるようになれば、下腹に変化が起きてくるはずですよ。

【筆者略歴】

※ yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】

※ Irina Bg / shutterstock

元記事を読む
提供元: Woman Wellness Onlineの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。