ムラなく仕上げたい!セルフネイルで綺麗にマニキュアを塗る方法3つ

丁寧に作業をしているのにマニキュアをムラなく塗ることができないという場合、それは筆づかいではなく他のところに原因があるのかもしれません。では、セルフでムラなくマニキュアを塗るにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、マニキュアによるカラーリングを綺麗に仕上げるコツについて、ご紹介します。

施術前に爪の油分を取っておこう

【イットネイル】爪表面には、皮脂や油汚れ、ホコリなど目に見えない異物が沢山付着しています。もちろん手を洗えばある程度の油分を除去することはできますが、軽く洗う程度では落ちない汚れもあります。

そして油分が付着している爪にマニキュアを塗ると、ムラになったり定着力が弱まって剥がれやすくなったりすることがあるのです。

そこでマニキュアを塗る前は、エタノールやアセトンで爪表面の油分を取り除いておきましょう。除光液には爪を保護するためのオイルが配合されていますので、除光液ではなく消毒用コットンなど油分が含まれていないものを使うのがポイントです。

一度に沢山塗りすぎないようにしよう

セルフネイラーさんの中には、しっかり色を付けようとして一度に沢山のマニキュアを塗ってしまう方が少なくありません。しかしそんなことをすると、マニキュアがよれて塗りムラが出やすくなってしまいます。

薄付きのマニキュアを塗る場合、一度に沢山のマニキュアを乗せるのではなく、色味を確認しながら二度塗り、三度塗りをして少しずつ色付けていくようにしましょう。またラメをぎっしり敷き詰めたいという場合は、2~3回程度マニキュアを塗った後、スポンジを使ってラメのみを爪に押し付けていくのもおすすめです。

マニキュアボトルは机に置いておこう

皆様はマニキュアを塗るとき、ボトルを持ったまま作業をしていませんか?

実はマニキュアは、温められると品質が劣化してその中身がぼてっとしてきてしまいます。そしてその状態のマニキュアでカラーリングをすると、ムラになったりマニキュアがよれたりしやすくなることがあるのです。

マニキュアを塗るときは、ボトルを机の上に置くなどしてその中身を温めないよう注意しましょう。

温度が上がったマニキュアは乾燥にかかる時間が長くなる傾向にありますので、アートにかかる時間を短縮するためにも、マニキュアの温度管理には十分気を付けることが大切です。

マニキュアはちょっとしたコツをつかむことで上手に扱えるようになりますので、マニキュアアートが苦手という方は、ここでご紹介した方法を試してみてください。

Itnail編集部

元記事を読む
提供元: Itnailの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。