1. トップ
  2. 恋愛
  3. 婚活サイトで出会った高学歴で年下の彼。カラダ目当てか見分けるには?

婚活サイトで出会った高学歴で年下の彼。カラダ目当てか見分けるには?

  • 2016.9.5
  • 864 views

年下の彼の本心は?

“ステキな出会いがしたい!”誰もがそんな思いでたどりつくのが「婚活・恋活サイト」ですよね。今回、恋愛ユニバーシティに寄せられていたのは、「婚活・恋活サイトで出会った高学歴で年下の彼と仲良くなったけれど、彼は会う度に『カラダの関係を持ちたい!』の一点張り!どうしたらいい?」というご相談です。

過去の経験から自分に自信が持てない相談者さん・・・彼の本心はただ「カラダ目当て」というだけなのでしょうか。

目次

【相談】高学歴な年下の彼。しきりに「体の関係」を求めてくるので、困っています。1.本当に体目的だけ?年下の彼の本心は2.年下の彼に対して、「彼女が求めているもの」の正体とは?3.年下の彼と一緒の「未来」を想像できる?

【相談】高学歴な年下の彼。しきりに「体の関係」を求めてくるので、困っています。

高学歴な年下の彼とは、 婚活・恋活サイトで知り合いました。おたがい趣味が合い、故郷が近いという共通点もあって連絡をとりあうようになりました。その後は、月1程度で食事をする仲に。でも、告白はどちらからもなくて、まだ手もつないでいません。

しかし、知り合って3か月が過ぎたころ、突然LINEで「ガマンできない。」というメッセージが…。「二人きりで会うのだから、求められても当然だよね。」「僕の初めてを君にあげる。」など、彼からのカラダ目的のメッセージばかりが送られてくるようになり、不安を感じた私は「都合のいい女になりそうで怖い。」と返信して断りました。

以前、お付き合いしていた彼もとても社会的地位の高い職業についていて、体の関係を持った後、結局は都合のいい女にされた経験があるので、つい過去のことを思い出して、彼の気持ちを疑ってしまいます。やはり彼の本心は、体目的だけなのでしょうか?(30代前半・女性)

恋愛の悩みに感度の高い恋ユニユーザーから多くの支持を集めていた回答をまとめると次のようなものでした。

1.本当に体目的だけ?年下の彼の本心は

恋ユニユーザーからは「ただ単に、彼は性欲処理の相手を安上がりに探しているだけです。」という強い意見がありました。彼はまだ若いため、自分の気持ちに素直で、言葉がストレートなのも理解できますが、やはり「我慢できない。」などと言われたら戸惑いますよね。

しかし、「男性は、自分の子孫を残すために、たくさんの女性としたいものです。」といったコメントや、「男性は、女性に比べて脳の右脳と左脳をつなぐ脳梁が細くなっているから、もともと女性のように、ものごとを複雑に深く考えないようにできているのです。」といったアドバイスをくれた恋ユニユーザーもいました。

でも反対に、彼に「我慢できない。」・・・と言わせるほどの気持ちを呼び起こす相談者さんは、とても魅力的な女性なのでしょう。それは、とても誇らしいことですよね。 男性に本気で愛されるコツ

2.年下の彼に対して、「彼女が求めているもの」の正体とは?

恋ユニユーザーから「結婚するまでは、体の関係を最後まで持たないことです。少なくとも、一定の交際期間を経て、男性から“結婚する”と言わせるまでは、体の関係は、厳禁です。」といった意見もありました。「体の関係」をもつ時期に関しては、人それぞれタイミングがあるようです。

今回の相談は、彼からまだ告白されてない=「お付き合いがはじまってない状態」です。いくら日頃からLINEのやりとりをしているからといっても、まだお付き合いしてない状態で「体の関係」をもつのは、控えたほうが良さそうです。

また、相談者さんが「都合のいい女」にされるかも…、と不安になるのは、年下の彼のことを本当の意味で「好き」になれていない証拠かもしれません。相手から「寂しい、好きだよ。」と言われると、なんだか自分もそんな気になってくるものです。もしかしたら、彼が高学歴であり、将来的に社会的な地位の高い職業に就く可能性も高いため、「彼が持っているステータスを失いたくない!」という気持ちがどこかにあるのかもしれません。

本当の自分の気持ちについて、あらためて考えてみる必要がありそうですね。 出会えない人も出会える!「ランダム・ウォーク戦略」とは?

3.年下の彼と一緒の「未来」を想像できる?

出会いが婚活サイトのため、相談者さんも相手の年下の彼も、少なからず「結婚」を意識しての出会いだった、ということはいえるでしょう。それならいま一度、未来のパートナーとして、彼が隣にいる姿が想像できるか、考えてみたほうがよさそうですね。

恋ユニユーザーからは、「彼から高学歴というステータスを取ったときに、どんな魅力が残りますか?」「今後の自分の人生設計を考えたときに、その年下の彼が隣に居ますか?」という質問もありました。

将来、「結婚」を考えるのであれば、パートナーの職業やステータスは重要な「決め手」になるのかもしれません。しかし、何より優先すべきなのは、相手に対する「気持ち」なのかもしれないですね。 付き合う前も肝心!“ずっと仲良しカップル”の秘訣

まだ見ぬステキなパートナーに出会うために登録する「婚活・恋活サイト」。劇的な出会いをして、ゴールインするカップルもいれば、残念な結果に終わるカップルもいます。やはり、大切にしたいのは、自分の気持ちに正直になること。将来のことを考えれば、学歴やステータスにこだわることも婚活における戦略の一つではありますが、相手のことを心から理解できなければ、気持ちのズレが生じて、自らを苦しめてしまうことになってしまいます。相手に対して何か違和感を感じたときは、「学歴やステータスにとらわれていないか?」と冷静に自分の気持ちを見つめなおすことが大事になりそうですね。

この記事は、相談者本人が特定されないため、記事の意図に影響のない範囲で内容を変えています。

参照:みんなの恋愛相談<友達以上恋人未満の相談>「年下研修医の本心について皆様のご意見を聞きたいです。」

(よしこ / 恋愛ユニバーシティ)

◇プロフィール

よしこ / 恋愛ユニバーシティ

WEBライター

WEBライター。結婚して20年、仕事も恋も諦めず!?今も旦那に恋をし続けるアラフォーライター。若い頃の自分の恋愛経験はもちろん、友達のピュアな恋話から泥沼恋愛エピソードまで、豊富な人生経験が生み出す言葉が、皆さんを幸せに導く「言霊」となれるよう記事を執筆していきます

元記事を読む