よく聞く「ノンシリコン」って何がいいの?シャンプーの選び方ガイド

最近注目をあびているノンシリコンシャンプー。「ノンシリコン」をうたっているシャンプーはいろいろあります。しかし、どれを選んでいいかわからない!という人も多いのが実情・・・。

ここでは、頭皮や髪質に合ったノンシリコンシャンプーの選び方をご紹介します。

■■そもそも「シリコン」って何?

シリコンとは、いわば髪のコーティング剤です。切れ毛やキューティクルのはがれをコーティングし、ブラシや髪同士の摩擦をおさえ、髪をサラサラにしてくれます。

しかしシリコン自体は、ダメージヘアをコーティングするだけで、髪自体を健康にしてくれるわけではありません。また、シャンプーには安価で強い洗浄力を持つ成分が多く含まれていて、強い洗浄成分でギシギシになった髪をカバーする目的で、シリコンが配合されているため、問題視されているのです。

■■シリコン成分の種類

シリコンは、ケイ素と酸素、有機基からなる有機化合物です。シリコン入りのシャンプーには、容器の裏にある成分一覧のなかに、「シロキサン」「ジメチコン」「シクロメチコン」「シリル」「シロキ」「シリカ」「シラン」といった名前が載っています。

ノンシリコンシャンプーを選ぶには、これらの成分が書かれていないシャンプーを探すことが重要です。

■■シャンプーは、大きく分けて3タイプ

シャンプーを選ぶ際に大切なのは、洗浄成分をチェックすることです。シャンプーは使われている洗浄成分によって、次の3種類に大きく分かれます。

・高級アルコール系シャンプー安価で洗浄力が強い石油由来の界面活性剤を使用。「ラウレリ硫酸」や「ラウレス硫酸」などの洗浄成分が含まれています。

・石けん系シャンプー天然由来の油脂(または脂肪酸)にアルカリを反応させた界面活性剤を使用。「石けん素地」や「純石けん分」、「脂肪酸」などの洗浄成分が含まれています。

・アミノ酸系シャンプー天然由来の高級脂肪酸にアミノ酸を反応させた界面活性剤を使用。「メチルアラニン」や「グルタミン酸」などの洗浄成分が含まれています。

■■頭皮と髪に合ったシャンプーは洗浄力で選ぶ

3種類のシャンプーは洗浄力が強い順に、「高級アルコール系」「石けん系」「アミノ酸系」です。なお、市販のシャンプーのほとんどは、価格がお手頃な高級アルコール系です。

高級アルコール系で特に問題のない人は、ノンシリコンの高級アルコール系シャンプーを使うといいでしょう。高級アルコール系シャンプーでは洗浄力が強すぎるという敏感肌や乾燥肌の人には、アミノ酸系シャンプーがおすすめです。

石けん系シャンプーは、頭皮がベタベタする人に向いていますよ。

■■ノンシリコンシャンプーで髪美人に

頭皮や髪に合ったノンシリコンシャンプーを選ぶためには成分にこだわることが大切です。シャンプー容器の裏側の成分一覧をしっかりチェックして、シャンプーを選ぶようにしましょう。(marine/ライター)

(ハウコレ編集部)

元記事を読む
提供元: ハウコレの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。