グチはNG…!? 職場の「年下男子」から惚れられる女性たちの共通点

いま話題の年下男子。「年下男子と付き合ってみたい!」「でも毎日仕事で、なかなかキッカケがないし……」とあきらめている方はいませんか?

だけど年下男子と知り合って仲よくなるキッカケはプライベートに限りません。一度職場にも目を向けてみてください。素敵な年下男子がたくさんいるはずです。

そこで今回は、これまで200組以上の新郎新婦をサポートし職場恋愛を成功させた、たくさんのカップルを見てきた筆者が、“職場の年下男子から惚れられる女性たちの共通点”をご紹介します!

 

■先輩らしく、日頃の仕事をテキパキこなす

日頃の仕事をテキパキとこなすことで、まずは先輩として一目置いてもらうことが恋愛にも繋がる第一歩となります。

社内で何かの成果をあげればそれが手っ取り早いかもしれませんが、必ずしもそうでなくていいんです。例えば〆切に余裕を持って提出したり、指示されたもの以外に自発的に仕事したりすることを積み重ねるだけでも、少しずつ先輩らしいテキパキとした印象を与えられますよ。

 

■忙しいときも笑顔で接して、仕事内容を褒めてあげる

年上らしい仕事ぶりで多くの女性の中で一目置いてもらえても、“デキる人”というだけでは近寄りがたさがありますし、単なる先輩の域を脱しません。

そこで笑顔が大切になります! いつでもニコニコと気さくに接することで、年下男子は親近感を感じます。忙しく険しい顔の人が多いなか、変わらず笑顔で話してくれたというだけでも、年上女性の魅力のひとつである“余裕”を感じ、よい印象に繋がります。

さらに、時折ちょっとしたことでも気づいて「頼りになるね」「任せて正解だったね」と褒めてあげることで、年下男子は「自分のことわかってくれてる!」と感じ、距離がグッと縮まっていきます。

 

■仕事のグチは言わない、むしろ聞いてあげる

職場の年下男子に惚れられた女性たちに共通しているのが、気になる年下男子の前では、仕事のグチは言わなかった!ということろ。

付き合うようになり仲が深まれば、お互いに何でも話せる関係になれたりもしますが、恋愛になる直前や恋愛初期に自らグチを言うのは避けたいところ。悪口や不平不満を言う様子は、余裕のない姿と映ってしまい、せっかく仕事をがんばる姿や、笑顔も台無しになってしまいます。どこで見られるか、どこから伝わるかわかりませんから、そもそも社内でグチは言わないほうがよさそうです。

そして、むしろ年下男子のグチを聞く側になってあげましょう。悩みやぶっちゃけた話まで話してもらえるようになったら仲良くなってきた証拠です。そんな年上女性ならではの“包容力”に、年下男子は安心感と信頼感を感じるようです。

 

■たまにはプライベートな話もして、素の自分を見せる

たまたまエレベーターや帰りが一緒になったときなどに同僚のプライベートな話を聞き、仕事とは違うその人の姿にグッと興味が沸いた、そんな経験はありませんか? それは年下男子も同じで、仕事中には感じにくい女性らしさや可愛さ、ちょっと抜けたところといったギャップを見ることで、単なる先輩から一人の女性として意識するようになることは多いようです。

共通の話題を探しつつ、休日にしていることやペットの話、趣味の話など、仕事をしているときとは違う“素”のあなたをたまには見せてみましょう。

 

 

職場ではまずは仕事を真面目にすることが大前提ですが、その上で人としての包容力や魅力、そして女性としての可愛らしさに出会うことで、年下男子はたちまち先輩女性のことが気になる存在になる様子。

気になる年下男子がすでに職場にいる!というアナタはぜひ上記のことを参考にして、さりげなさと余裕を大切に、自分の魅力を少しずつ伝えながら、ゆっくりと仲を深めていってくださいね。

【筆者略歴】

※ Y.NISHIKAWA ・・・ 全米ブライダルコンサルタント協会員。ホテル・専門式場でブライダルプランナーとして勤務したのち、ブライダルライターとなり独立。結婚を意識するすべての女性の利益となる情報をつまびらかにすることがモットー。

【画像】

※ gpointstudio / Shutterstock

元記事を読む
提供元: Woman Wellness Onlineの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。