「ノンシリコン」ってどういうこと?きしまないの?疑問にお答えします

undefined

ノンシリコンシャンプーがいいらしい、そんなウワサを聞いて試してみようと思う人も多いですよね。初めてノンシリコンシャンプーを使用するなら、この機会に正しい使い方を知っておきましょう!

すでに使っているという方も、ちゃんと使えているかどうかチェックしてみてください!

■「ノンシリコン」とは?

undefined

出典:

pinterest

ノンシリコンシャンプーとは、文字どおりシリコンが入っていないシャンプーのこと。シリコン成分はすすいでも毛穴などに残りやすく、汚れとして蓄積されやすいので、「ノンシリコン」のシャンプーが持ち上げられるようになりました。

しかし、ノンシリコンシャンプーでは、シリコン成分のデメリットだけでなく、メリットも同様に見込めなくなります。製品によって配合されている成分が異なっていますが、シリコンがなくなったことで「指どおりの良さ」や「つやつやした手触り」、また「洗髪時の摩擦軽減」といった効果が減ってしまいます。

■洗髪前のブラッシングが大事!

シリコン以外に指通りをよくする油分が入っている製品であれば、それほど気にならないかもしれませんが、ノンシリコンシャンプーを使っているときに髪が絡まりやすいと悩む人がいます。

洗髪の前に、あらかじめ髪をブラッシングしておくことが大切ですよ。絡まりやすい人は、まず手ぐしでざっくり整えてからブラシを使うとGOOD。また、毛先に近い方からブラッシングしていき、少しずつ根元の方に上げていくこともおすすめです。

■予洗いは、ぬるま湯で

シャンプーの前に髪をさっと濡らすだけという人もいますが、それではもったいないかも・・・。シャンプー前にぬるま湯で汚れを落とすことを「予洗い」と言います。ぬるま湯だけでも、ホコリや汚れが落ちますよ。

大事なのは熱すぎないお湯の温度にすること。熱いと頭皮への刺激になってしまいます。ぬるま湯でも効果がありますから、数分かけてじっくり洗い流してくださいね。

■洗い終わったら、しっかり流そう!

シリコン成分の入っているシャンプーと同様、ノンシリコンシャンプーでもすすぎが大事なのは同じです。シャンプーには、シリコン成分の他にもさまざまな成分が入っていますから、すすぎをしっかりしましょう。しっかりすすぐことで髪の臭いも防ぐことができます。

また下を向かずに顔を上げたまま髪の流れに沿って上からすすぐと、髪の絡まりを防ぎやすいですよ。絡まりが気になるときは、顔の向きに気をつけてみましょう。

■トリートメントにも注意

ノンシリコンシャンプーであっても、「トリートメントやコンディショナーにはシリコンが入っている」というパターンもあります。商品選びのときに、すべてノンシリコンにしたいのかどうかを考えて選んでみてくださいね。

根元をふんわりさせたい場合は、根元にトリートメントをつけすぎることのないよう毛先を中心につけていくようにすると良いですよ。

■髪が絡まりやすいデメリットを対策しよう!

ノンシリコンシャンプーを使う際には、シャンプー前にブラッシングしておくなどの基本ケアが大切です。対策をして気持ち良く使ってくださいね!(SORA.K/ライター)

(ハウコレ編集部)

元記事を読む
提供元: ハウコレの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。