寝る前2分でもも伸ばし!プロがやってる「下半身痩せ」ストレッチ

下半身が痩せにくいのは、血流の悪さからくる冷えが大きく関わっています。特に眠る前には下半身の循環を良くすることが大切。

そこで今回はヨガインストラクターの筆者が実践している、寝る前の下半身ケアをまとめました。

 

■日常生活で伸ばしにくい!お尻、太もも裏から内側のストレッチ

お尻や太もも全体は、実はとても凝っています。このコリが血流を悪くしたりセルライトの原因となったりするので、寝る前はしっかりとストレッチをしておきましょう。

(1)右足のひざを立て、左足は後方へ伸ばしてひざをつきましょう。右ひざに右手を乗せ、左手は床に降ろします。

(2)腰を下に沈めて、左足の付け根が伸びるようにします。

(3)腰を沈めた状態で左腕で体を支えながら、上半身を右側へねじっていきます。左足の付け根から太ももの前側が伸びているのを確認しましょう。

(4)(3)の状態からさらに右足全体を外側へ開いていきます。このとき、足の裏をめくるようにして、さらに足を開きやすくしていきましょう。

(5)右足のお尻から太ももの裏側、内側が伸びているのを確かめながら、ゆっくりした呼吸で20秒キープします。

(6)余裕がある人は、ポーズをキープしたままゆっくりとお尻を左右に揺らしていきましょう。

(6)右足を楽にして刺激が抜けるまで休みます。

(7)反対側も同様に行います。

 

■太ももの前側のストレッチ

(1)左足を内側へ曲げ、右足は外側へ折り曲げます。

(2)右足の足首をつかみお尻の方へ引き寄せます。

(3)この状態で充分に太ももの前側の伸びを感じられたら、20秒ほどキープします。

(4)ストレッチが弱いと感じる方は、足首を掴んだまま上半身を左足方向へ倒していきましょう。

(5)余裕があれば、さらに上半身をうつ伏せの状態にしていきましょう。

(6)20秒ほどキープします。

 

いかがでしたか? 下半身痩せのためには、この部分を毎日しっかりとほぐしておくことが大切です。寝る前のケアを習慣化させることで、下半身痩せの基礎を作っておきましょう!

【筆者略歴】

※ yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】

※ lzf / shutterstock

元記事を読む
提供元: Woman Wellness Onlineの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。