1. トップ
  2. ネイル
  3. こんな爪じゃネイルが楽しめない!足の小指の爪が小さくなる原因とその改善法

こんな爪じゃネイルが楽しめない!足の小指の爪が小さくなる原因とその改善法

  • 2016.8.29
  • 10575 views

サンダルシーズン本番となるこの季節、フットネイルが欠かせなくなってきますよね。しかし女性の中には、小指の爪が小さいことに悩んでいる方が沢山いらっしゃいます。では、どうして足の小指の爪が小さくなってしまうのでしょうか。また、その状態を改善するにはどうすればいいのでしょうか。

足の小指が小さい女性が急増中!?

【イットネイル】最近、若い女性の中で足の小指の爪が極端に小さい人や、足の小指の爪がほとんどない人が急増しています。フットネイルを楽しみたくても、小指の爪が小さかったりいびつな形をしていたりすると、思い通りのアートができなくなってしまいますよね。

足の小指の爪の大きさや形は、普段のちょっとした心がけによって改善することができます。では、小指の爪を綺麗に、そして健康に育てるにはどうすればいいのか、詳しくチェックしてみましょう!

自分の足の形に合った靴を選ぼう!

足の小指の爪が小さくなったり変形したりする原因としてまず挙げられるのが、靴が足の形に合っていない、というものです。

・ヒールが高くつま先に負担がかかる

・つま先部分の幅が狭く小指が常に圧迫されている

・靴が窮屈で中で足を動かすことができない

上記のような靴を履いていると、小指に過度の負担がかかって爪が変形したり小さくなったりすることがあります。

そこでまずは普段履いている靴が自分の足に合っているかどうか見直し、合っていないのであれば自分の足の形にフィットする靴を履くようにしましょう。

具体的には、

・靴の中で足の指をある程度動かすことができる

・適度なヒールの高さでつま先に負担がかからない

・つま先が広くなっているデザイン

といった特徴の靴がおすすめです。

余分な甘皮をきちんと処理しておこう!

足の小指の爪が小さくなってしまう原因としてはまた、甘皮の処理がきちんとできていない、という可能性が考えられます。

特にセルフネイルをしている方の場合、足の小指は目も手も届きにくいため、どうしてもケアがおざなりになってしまいがちです。

しかし爪の上に余分な甘皮が覆い被さっていると、爪の水分が甘皮に吸収されて乾燥し、変形したり割れたりして徐々に小さくなってしまうことがあります。

そこで足の小指の爪を綺麗にするには、定期的なネイルケアによって余分な甘皮を除去し、爪を乾燥させないようにしましょう。

お風呂上りなど角質が柔らかくなっている時ならば、硬くなってしまった小指の甘皮をスムーズに処理することができます。

Itnail編集部