1. トップ
  2. 恋愛
  3. 内面からキレイに!「勘違いポジティブ」と「良いポジティブ」の違いって?

内面からキレイに!「勘違いポジティブ」と「良いポジティブ」の違いって?

  • 2016.8.27
  • 4340 views

「ポジティブシンキング」とは?

簡単に言えば、「どんなことでも前向きに考えられる」こと!

友達や恋人と喧嘩したとき、仕事で失敗してしまったとき・・・

落ち込んだり悩んだりすることは誰だってあります。

そんなときにも、前向きに考えられる人って素敵ですよね。

気を付けて!ポジティブに2種類ある!

①「勘違い」のポジティブ

現実から目を背けているだけの根拠のないポジティブや、そもそも現状の悪化に気が付いていないだけの前向き思考ははっきり言ってネガティブ以下です。
周りに良い影響を与えるどころか悪影響。
自分自身も、やっとことの重大さに気が付くころには取り返しのつかないことになりかねません。

②「内から輝く」ポジティブ

魅力的な人柄を表す「ポジティブな人」とは、
出来事をしかと受けとめ、解決策を見出したことによって前向きな発想でいる人を指します。
強くて自立しているマインドは、性別年齢を問わず愛され、尊敬されることでしょう。

「良いポジティブ」な発想をするには

①物事を客観視する

真のポジティブを得るには、現状の理解が最重要。
そのため、自分の状況を客観視する力を身につけましょう。
特に女性は自分を客観視する能力が劣っている人が多いもの。
他者の意見に「でも」「だって」と反論するのではなく、「そう見えているのだ」と参考にして。

 ②一人の時にとことん落ち込む

「前向きになる」というのは「落ち込むな」という意味ではありません。

誰も見ていないときは、気のすむまで落ち込んでください。

大事なのは目をそらすより、受けとめること!自分自身と向き合う時間を大切に。

また、ノートにひたすら自分の現状と理想を書き連ねるのも、頭の中が整理出来ておすすめです。

③現状を変える方法を見つける

今、あなたを悩ませていることは、自分1人の努力で改善できることですか?

それとも、友人や恋人などが関わっており、自分の力だけではどうにもならないことですか?

1人で解決できることなら簡単です。動きなさい。

しかし、もし第三者が関わることなら話は別。

「動く」のみでなく、あえて「なにもしない」のも行動の1つです。

ポジティブな発想は、あなたを内側からキレイにしてくれるだけでなく、周りにも良い影響を与えます。
「勘違い」ではない。強さを持った前向き思考を目指しましょう。