1. トップ
  2. メイク
  3. 粉っぽくならない!”パウダーファンデーション”の塗り方5つのポイント

粉っぽくならない!”パウダーファンデーション”の塗り方5つのポイント

  • 2016.8.26
  • 10431 views

1、前日の夜に入念に保湿をしよう

undefined

粉ものを多く使う前日は、入念に保湿することを忘れずに。メイク前のスキンケアに気合いを入れるのはもちろん大切ですが、前日の夜のお手入れから丁寧に準備しておくことで、翌朝のメイクののりが変わってきます。特にお勧めなのはオイルを使ってのスキンケア。寝起きのお肌がしっとりしているかチェックしてみて。

2、カバー力は下地に任せよう

アクセーヌ/スーパーサンシールドEX

undefined

出典:@cosme

粉っぽくなる大きな原因は、ファンデーションを塗りすぎているからかも?乾燥肌の方が塗りすぎると、乾燥からくるテカりや化粧崩れに悩まされることもあるので気を付けましょう。下地の段階である程度粗を隠しておくと、何度もファンデーションを重ね塗りしなくて済みます。カラーコントロール効果のあるものや、色付きの下地を選ぶと効果的。

3、リキッドタイプのコンシーラーでカバー

資生堂/シアーアイゾーンコンシーラー

undefined

出典:@cosme

下地ではカバーできない部分は、リキッドタイプのコンシーラーに助けてもらいましょう。小鼻の赤みや目周り、口元などは、ファンデーションがよれて汚く溜まりやすい部分なので、液体状のコンシーラーで隠しておくのがベスト。こちらも薄~く塗るのがポイントです。

4、塗る手順に気を付けよう

おでこから鼻にかけてのTゾーンと呼ばれる部分は皮脂線が集中している為、テカりやすくもあり乾燥しにくいパーツです。メイクの際は、一番始めにパフを置く部分が最もファンデーションが濃く付くので、乾燥しにくいTゾーンから塗っていきましょう。

undefined

そしたら、パフにファンデーションを付け足さずに、目の下から輪郭に向かって顔の中心部分塗っていきます。そこからカバー力が足りないと感じるパーツに、少しずつファンデーションを重ねます。

5、パウダーブラシで余分なお粉をはらう

undefined

出典:Pinterestより

最後に、大きめの柔らかいパウダーブラシで顔の余分なお粉をはらいましょう。パウダーファンデーションの後にチークやハイライトもパウダー状のものを付ける方はとにかく重ねすぎに注意!ブラシでお肌を撫でることで、付けすぎたファンデーションを優しくオフできます。

粉っぽさを感じさせないお肌を目指して

undefined

パウダーファンデーションは、リキッドタイプよりも手間も省けますし、うまく使えばしっとりしたお肌を作ることだって可能です。薄く丁寧に重ねていくことを意識して使用してみてくださいね。粉っぽい厚塗り肌は卒業しましょう!